HOME > ニュース >

アルファミュージック創立50周年プロジェクト“ALFA50”第6弾はSOFT BALLETの全世界配信 3作国内追加

2020/09/25 17:00掲載
SOFT BALLET
SOFT BALLET
アルファミュージックが創立50年を機にソニー・ミュージックグループで再出発。今年度“ALFA50”のプロジェクトを始動。第6弾としてSOFT BALLETの全世界配信がスタートしています。国内ではアルファ期のライヴアルバム『Reiz[raits]』(1992年)、UKテクノのクリエーターによるリミックス集『ALTER EGO』(1992年)『TWIST AND TURN』(1993年)の配信が追加されています

以下インフォメーションより

1969年に音楽出版社として設立され、日本の音楽シーンをリードし多くのアーティストと日本の音楽史に残るスタンダードナンバーを生み出してきたアルファミュージックは、創立50年を機にソニー・ミュージックグループで再出発し、今年度“ALFA50”のプロジェクトを始動している。その第6弾として、2020年9月25日より全世界配信ストリーミングサービスでは、SOFT BALLETの作品を配信する。

1989年9月25日にアルファレコード(当時)よりデビュー、常に異端であり続けたエレクトロニック・バンド、SOFT BALLET(ソフトバレエ)のアルファ期のライヴアルバム「Reiz[raits]」(1992年)と、UKテクノのトップクリエーターによるリミックス集「ALTER EGO」(1992年)「TWIST AND TURN」(1993年)の配信が本日スタートとなった。

設立当初から海外での展開を視野に入れていたアルファのスキルと、SOFT BALLETの音楽性が合致し、808ステイト、エイドリアン・シャーウッド、キャバレー・ヴォルテール、オービタル、ポリゴン・ウィンドウ(エイフェックス・ツインの別名義)などの豪華メンツのリミックス集のリリースが実現。また、「Reiz[raits]」は1991年11月に東京・NHKホールで収録されたもので、ライブアレンジへの強いこだわりが随所に感じられるライヴアルバムになっている。

海外での配信は今回国内で追加になったタイトルに加え、アルファ期のスタジオアルバムも含まれる。さらには国内、海外共に、ビクター期のシングルの音源も配信開始となりレア音源であるカップリング曲も追加となっている。

オフィシャルサイトでは、「アルファ・オールタイム・ベスト」と「わたしのこの1曲」を紹介していく連載企画「アルファミュージック蒐集録」に音楽ライター/編集者の馬飼野元宏氏が登場。また、「アルファミュージック考現学」では、松永良平氏による大好評の連載企画「ALFA RIGHT NOW〜ジャパニーズ・シティ・ポップの世界的評価におけるALFAという場所」にて、再び音楽プロデューサーの北沢洋祐氏へ取材。シリーズ最終回を締めくくる大変興味深い内容となっている。

また、「今月の推薦盤」では、本日全世界配信が開始された作品より、SOFT BALLET「EARTH BORN」をピックアップし、音楽ライターの大久達郎氏による解説を掲載。今後の企画にも期待したい。

【リリース情報】
2020年9月25日配信スタート
●SOFT BALLET アルバム配信ラインナップ
「EARTH BORN」(1989年)
「DOCUMENT」(1990年)
「3[drai]+3」(1990年)
「愛と平和+2」(1991年)
「Reiz[raits]」(1992年) ※国内追加
「ALTER EGO」(1992年) ※国内追加
「TWIST AND TURN」(1993年) ※国内追加













【配信リンク 】
https://SOFTBALLET.lnk.to/Aritist_