HOME > ニュース >

パンク・メタル・バンドのドラマーが聴覚障害に 映画『Sound of Metal』のトレーラー映像公開

2020/09/25 15:38掲載
Sound of Metal
Sound of Metal
パンク・メタル・バンドのドラマーが聴覚障害に。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』や『ヴェノム』などで知られる俳優のリズ・アーメッドが突如として聴覚を失ったドラマーを演じる映画『Sound of Metal』のトレーラー映像が公開。

監督は『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』の脚本や、第二次世界大戦に関するドキュメンタリー映画『Loot』の監督を務めたダリウス・マーダー。本作が劇映画の監督デビュー作です。

ストーリーは

「パンク・メタル・バンドのドラマーであるルーベン(リズ・アーメッド)は、アドレナリンを燃やすライヴを毎日のように繰り返しているうちに断続的に聴力を失い始める。専門家から病状が急速に悪化するだろうと告げられた時、彼は自分の音楽キャリア、そして自分の人生が終わったと思う。

彼のバンド仲間でガールフレンドのルー(オリヴィア・クック)は、自暴自棄になった彼を聴覚障害者のための人里離れた施設に預けることを決意。あるがままの自分を受け入れてくれるコミュニティに迎え入れられたルーベンだったが、彼はここでの落ち着いた日常と、かつての人生を取り戻そうとする思いとの間で葛藤するのだった」

この作品は11月20日に米国の一部劇場で上映され、12月4日にAmazon Prime Video(米国)で配信されます