HOME > ニュース >

朝早くに隣人の庭師の騒音で起こされたTOTOのスティーヴ・ルカサー 対抗策として庭師を狙ってギターを大音量演奏

2020/08/12 10:34掲載
Steve Lukather
Steve Lukather
朝7時に隣人の庭師が10台の送風機を使用し、その騒音で起こされたTOTOスティーヴ・ルカサー(Steve Lukather)。それに対抗して、ルカサーはパジャマ姿のまま、問題の庭師を狙って大きなアンプに接続されたエレキギターを大音量で演奏。最後に“おはようございます!(Good morning!)”と叫んでいます。この模様を撮影した映像はルカサーのInstagramに投稿されています。

ルカサーのツイッターによると、この作戦はうまくいったそうで“この反応の後、静かになった!”と報告しています。またビデオには彼の庭を散歩する愛犬も登場。「彼女の頭よりずっと上で鳴っていたので大丈夫」と犬の耳は心配する必要はないとルカサーは付け加えています。