HOME > ニュース >

DOMMUNE、志村けんの追悼番組を本日5月23日19時より配信 5時間のファンクセレモニー

2020/05/23 18:28掲載(Last Update:2020/05/23 18:30)
SUPER DOMMUNE 志村けん追悼番組「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」5HOURS!!!!! 〜音楽的側面から追想する志村けんとドリフの偉業 supported by Cocalero
SUPER DOMMUNE 志村けん追悼番組「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」5HOURS!!!!! 〜音楽的側面から追想する志村けんとドリフの偉業 supported by Cocalero
ライヴストリーミングのDOMMUNEは、本日5月23日(土)19時より、志村けんの追悼番組『SUPER DOMMUNE 志村けん追悼番組「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」5HOURS!!!!! 〜音楽的側面から追想する志村けんとドリフの偉業 supported by Cocalero』を配信します。志村けんへの哀悼の意を捧げる5時間のファンクセレモニー。

SUPER DOMMUNE 志村けん追悼番組
「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」5HOURS!!!!! 〜音楽的側面から追想する志村けんとドリフの偉業
supported by Cocalero


<スケジュール>

■19:00-21:30 Talking About「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」

●志村けんとドリフのファンクネス
出演:吉田明裕(土龍団)、DJ フクタケ、矢野利裕 司会:宇川直宏
〜コミックソングの歴史から学ぶ、"コミックバンド"としてのザ・ドリフターズとお茶の間へのパンデミック!!
〜1980年代「jam」に連載されたミュージックレビュー『志村けんが愛したブラック・ミュージック』

●志村けんの声と音、志村けんのコントとリズム
リモート出演:近藤正高 司会:宇川直宏
〜マックボンボン時代、付き人時代、見習い時代、そして「東村山音頭」によるルネサンス!!
〜『ごきげんテレビ』『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』そして舞台『志村魂』に宿るR&B!!

■21:30-24:00 DJ Plays「KEN SHIMURA & THE DRIFTERS ONLY」+ EXTREAM JAPANESE COMIC VINYL

●BROADJ#2861 DJ:フクタケ、吉田明裕(土龍団)

・・・・・・・・・・・・・・

<内容>

■ダンスミュージックストリーミングの世界的老舗である我々DOMMUNEから、満を持して、志村けんさんへの哀悼の意を捧げる5時間のファンクセレモニー!!!!!「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」5HOURS!!!!!

2020年3月29日午後11時10分...新型コロナウイルスによる肺炎を患い入院中だった志村けんさんが、東京都内の病院で逝去した。2月に70歳の誕生日を迎えたばかりだった。この伝説のコメディアンの死が、コロナ禍の我々日本人の心理に与えた影響、そしてショックは計り知れない。1974年に3ヵ月の見習い期間を経てザ・ドリフターズのメンバーに加わって以来、志村けんさんは世紀を跨いで生涯現役のコメディアンであり続けた!!!!!!! バカ殿様、変なおじさん、ひとみ婆さん、そして東村山音頭、ヒゲダンス、アイーン、若しくはカラスの勝手でしょ〜…志村けんさんが変化(へんげ)するキャラクターは、牧歌的でいながらエクストリームで、アシッディーで、そしてダビーなサイケデリアを放っていた!!!!!!! そう、これら全ての形容詞が音楽的な属性を示すように僕らドリフ世代は、志村けんさんの東村山仕込みのドメステックなグルーヴを浴び、「8時だョ! 全員集合」から黄色いファンクネスを授けられたと言っても過言ではないだろう!!!!!!! そう、あの爆裂的なコントを摂取して溢れ出したエンドルフィンの大量分泌の根底には「ULTIMATE コントBREAKS & コメディーBEATS」としてのレアグルーヴが暑苦しいほどに迸っていたのである!!!!!!! 日本一有名なベースリフとして名高い「ヒゲのテーマ」は、フィラデルフィア・ソウルのトップスター、テディ・ペンダーグラスの「Do Me」であるし、「ドリフの早口言葉」の元ネはウィルソン・ピケットの1971年のヒット曲「Don't Knock My Love」であるということは、ムーミンがフィンランド産の妖精であることや、レオパルドンを操縦するスパイダーマンは、東映特撮のみであることと同じく自明のトピックである!!!!!!!!そのように日本で最も有名なコミックバンドでありコントグループであったザ・ドリフターズがファンクネスを獲得するには、付き人であった東村山産の遺伝子が必要だったのである!!!!!!
志村氏逝去の報道があったその日、DOMMUNEに無数のリクエストがメンションされた!その内容は「宇川さん、志村けんさん追悼企画やってもらえないでしょうか? 志村さんはお笑いにソウルミュージックを持ち込んだ革命児なんですよね?」「勿論、追悼番組やります!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」そう言い切って、早1ヶ月と22日….。やっと準備は整った!!!!! 明日2020年5月23日、満を持して、ダンスミュージックストリーミングの世界的老舗である我々DOMMUNEから、志村けんさんへの哀悼の意を捧げることとする!!!!!!! 題して「FUNK SIDE of KEN SHIMURA」〜音楽的側面から追想する志村けんとドリフの偉業!そう「志村けん」という大衆に愛されたソウルフルな「音楽」をこの日、自分達なりに大解析しようと思う!!!!! 出演は「コミックソングレコード大全〜爆笑音盤蒐集天国」の著者であり土龍団の吉田明裕!と、「ヤバ歌謡」そしてDOMMUNEでは坂上忍のアンサープログラム「DJ Plays “坂上忍” ONLY!!」で知られるDJフクタケ!そして「コミックソングがJ-POPを作った 軽薄の音楽史」が話題の矢野利裕!さらにはCakesの追悼文「志村けん—おならの音も本物にこだわる喜劇人魂」が素晴らしい近藤正高という志村けんさんのFUNK SIDEを語るには最強の布陣で列島を揺さぶる!!!!!! 司会は僭越ながら旗振り役の宇川直宏がつとめさせて頂こうと思う….そして後半は DJ Plays「KEN SHIMURA & THE DRIFTERS ONLY」+ EXTREAM JAPANESE COMIC VINYLと題し、前半に登壇したDJフクタケと吉田明裕がコミックソングヴァイナルを150分に渡ってPLAY!!!!!!! 志村けん、そしてザドリフターズの殆ど全てのヴァイナルと、それを取り巻く驚愕の爆笑グルーヴが、怒涛の瀑布の如くサイバースペースに鳴り響く?!!!!! エノケン、ロッパの時代から、あきれたぼういず、クレージーキャッツ、牧伸二、月亭可朝、そして笑福亭鶴光はかかるのか?果たして、所ジョージ、とんねるず、ビートたけし、渥美清、コント55号、それから三木鶏郎、青島幸男、キダタローは回転するのか????!!!!!! この番組は『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(1986-1992)で、一般大衆が撮影した映像をお茶の間に紹介し世界から「YouTubeの元祖」と崇められている志村けんさんへのご冥福を、日本で最初に「YouTubeLive」のプラットフォームをGoogleから与えられたDOMMUNEが、生配信でYouTubeへと逆流させ祈り続ける5時間のファンクセレモニーであり、天国の一丁目へ放射するRIP儀式なのある!!!!!!! ワァァァァァァァアァァァアアアアアァァァァァーーーーーーーオッッッッッッッッッ!!!!!!!!!
宇川直宏(DOMMUNE)

■DOMMUNE
https://www.dommune.com/