HOME > ニュース >

エリック・クラプトン&B.B.キング『Riding with the King』デラックス版から「Rollin' and Tumblin'」公開

2020/05/22 08:04掲載(Last Update:2020/05/25 02:03)
B.B. King & Eric Clapton / Riding With the King
B.B. King & Eric Clapton / Riding With the King
エリック・クラプトン(Eric Clapton)B.B.キング(B.B. King)が2000年にリリースした共演アルバム『Riding with the King』。発売20周年を記念したデラックス・エディションが6月26日発売。リイシュー元はReprise Records。

これまでリリースされていない2曲をボーナストラックとして追加した全14曲入り。リマスター仕様。このエディションからボーナストラックのひとつ「Rollin' and Tumblin'」が聴けます。もう1曲のボーナストラックはウィリー・ディクスン(Willie Dixon)のカヴァー「Let Me Love You Baby」。どちらの曲もオリジナルのアルバムセッションの中で録音した未発表音源で、オリジナル・プロデューサーのサイモン・クライミーが今回のリリースのためにプロデュースとミックスを行っています。

20周年記念エディションのうち、180グラム重量盤アナログレコード(blue vinyl仕様)はクラプトンのオンラインストアとインディーストアからのみ入手可能です。詳細はこちら

また日本盤のみ特典として、アルバム・アートワークを拡大したミニ・ポスターが付属されます。

■「Rollin' and Tumblin'」





■『Riding with the King』

エリック・クラプトン(g,vo)、B.B.キング(g,vo)

●主な参加ミュージシャン
ネイザン・イースト(b)、スティーヴ・ガッド(ds)、アンディ・フェアウェザー・ロウ(g)、ジミー・ヴォーン(g)、ジョー・サンプル(key)、ウェンディ・メルヴォワン(back vo)、スザンナ・メルヴォワン(back vo)
ドイル・ブラムホールⅡ(g,back vo)、ティム・カーモン(organ)
●プロデューサー:エリック・クラプトン、サイモン・クライミー
●マスタリング・エンジニア:ボブ・ラドウィック