HOME > ニュース >

ジェネシス復活 13年ぶりの再結成ツアー開催を正式発表

2020/03/04 17:53掲載(Last Update:2020/03/04 18:28)
Genesis - Photo by PATRICK BALLS / MARTIN GRIFFIN
Genesis - Photo by PATRICK BALLS / MARTIN GRIFFIN
ジェネシス(Genesis)が再結成ツアーの開催を正式発表。メンバーはフィル・コリンズ(Phil Collins)トニー・バンクス(Tony Banks)マイク・ラザフォード(Mike Rutherford)の3人。2020年11月、12月に英国・アイルランドをツアーします。このツアーには、フィル・コリンズの18歳の息子でドラマーのニック・コリンズと、ギター/ベース奏者のダリル・ステューマーも参加します。ジェネシスのライヴ・パフォーマンスは2007年以来13年ぶり。バンドのSNSでは告知映像が公開されています。

フィル・コリンズは、今回の再結成ツアーについて、英プログレ誌Progに「やらないよりもやる理由がたくさんあった。以前のツアーのようにしなければならないとしたら、僕はそれをやろうとは思わないが、最近は別のやり方もある。ここ数年はそうしてきた」と語っています。

トニー・バンクスは「フィルが自身のツアーを終えた後、みんなが“それについて話をして、それが良いアイデアかどうかを見てみよう”と考えた」「可能性があると判断したら、一緒にプレイしたときにどうなるか見てみたかった。僕たちは1月にニューヨークで数週間一緒に過ごして、どう聞こえるかを見てみた。“どうしてここにいるの?”と人々に尋ねられたら、僕たちは“ああ、結婚式のため”と言ったよ」と話しています。

バンクスはまたフィル・コリンズの息子でドラマーのニック・コリンズの参加について「ニックは素晴らしいドラマーで、初期のフィルのように聞こえる。マイクと僕にとって、それはいつもとても刺激的だ。フィルがドラマーとして長い間プレイしていない曲も演奏できるということだからね」「古い曲も演奏するが、今回は新しい古い曲がいくつかある。前回、僕たちが演奏しなかった曲もね」と話しています。

またバンクスは、ピーター・ガブリエルやギタリストのスティーヴ・ハケットに再結成の話を持ちかけなかったと話しています。「全員を参加させるのは非常に難しいだろう」と彼は言っています。

<Genesis the last domino? Tour 2020>

16 NOV - 3 ARENA, DUBLIN
19 NOV - SSE ARENA, BELFAST
23 NOV - M&S BANK ARENA, LIVERPOOL
26 NOV - FIRST DIRECT ARENA, LEEDS
29 NOV - THE O2, LONDON
30 NOV - THE O2, LONDON
02 DEC - MANCHESTER ARENA, MANCHESTER
05 DEC - BIRMINGHAM ARENA, BIRMINGHAM
08 DEC - SSE HYDRO ARENA, GLASGOW
11 DEC - 3 UTILITA ARENA, NEWCASTLE

■ジェネシス公式サイト
https://www.genesis-music.com/