HOME > ニュース >

2008年ユニバーサルスタジオ倉庫火災でマスターテープが損傷/破壊された19組のアーティストが初めて明らかに

2020/02/14 14:21掲載
ABC 7 on the Universal Vault Fire in 2008
ABC 7 on the Universal Vault Fire in 2008
2019年6月、ニューヨーク・タイムズ紙は2008年6月に起きた米ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの倉庫火災で膨大なマスターレコーディングが失われたと報道。

被害を受けたアーティストを代表する弁護士はユニバーサル・ミュージック・グループに対して火災関連の損害賠償を求める集団訴訟を起こしています。

新たに米Pitchforkと米ローリングストーン誌は、ユニバーサル・ミュージック・グループが裁判所に提出した書類を入手。それによると、ユニバーサル・ミュージック・グループは、オリジナル・マスターテープやその他のレコーディングが火災で損傷または破壊された19組のアーティストを初めて明らかにしています。火災でレコーディングを失った特定のアーティストが公に確認されたのは今回が初めて。

書類に掲載されているアーティストは次のとおりです

Sonic Youth
Nirvana
Elton John
Beck
Soundgarden
Sheryl Crow
R.E.M.
…And You Will Know Us by the Trail of Dead
Bryan Adams
David Baerwald
Jimmy Eat World
Les Paul
Peter Frampton
Michael McDonald
Slayer
Suzanne Vega
Surfaris
White Zombie
Y&T

ユニバーサル・ミュージック・グループはニューヨーク・タイムズの最初の報道後、「火災は、商業的にリリースされた音楽の購入の可能性に影響を与えたことも、アーティストの報酬に影響を与えたこともない」 と述べ、またニューヨーク・タイムズの報道には「一連の報道には多くの不正確な情報や誤解を招くような記述、矛盾、根本的な誤解が含まれている」との声明を発表していました。不正確な情報の具体例は提供されていません