HOME > ニュース >

ザ・レンタルズ、チャレンジャー号爆発事故のトリビュート曲「GREAT BIG BLUE」公開

2020/01/29 18:24掲載
The Rentals, photo by Dirk Mai
The Rentals, photo by Dirk Mai
チャレンジャー号爆発事故(1986年1月28日)から34年、元ウィーザー(Weezer)マット・シャープ(Matt Sharp)が率いるバンド、ザ・レンタルズ(The Rentals)はスペースシャトルの悲劇に基づいたトリビュート新曲「GREAT BIG BLUE」を公開。リリックビデオが公開されています。この曲は6年ぶりの新アルバム『Q36』に収録



アルバムは海外で2020年6月2日発売。

スタジオ・アルバムのリリースは2014年の『Lost in Alphaville』以来。

新作はマット・シャープ自身によるセルフ・プロデュースで、すべての曲を書いています。新作のレコーディングは、ギターにヤー・ヤー・ヤーズ(Yeah Yeah Yeahs)ニック・ジナー(Nick Zinner)、ドラムにザ・キラーズ(The Killers)のロニー・ヴァヌッチィ(Ronnie Vannucci Jr.)、ミキシング・エンジニアにデイヴ・フリッドマン(Dave Fridmann)を迎えて行われています。

以下は以前に公開された映像・音源

「Invasion Night」


「Invasion Night (Z36 Instrumental Remix)」


「Breaking And Breaking And Breaking」のパフォーマンス映像


「Breaking And Breaking And Breaking」のスタジオヴァージョン


「9th Configuration」のリリックビデオ


「Forgotten Astronaut」


「Spaceships」のリリックビデオ