HOME > ニュース >

トーキング・ヘッズのジェリー・ハリスン&エイドリアン・ブリュー 『Remain In Light』40周年記念ツアー開催

2019/12/05 13:11掲載(Last Update:2019/12/05 13:12)
Turkuaz w/ Jerry Harrison & Adrian Belew: REMAIN IN LIGHT turns 40
Turkuaz w/ Jerry Harrison & Adrian Belew: REMAIN IN LIGHT turns 40
トーキング・ヘッズ(Talking Heads)ジェリー・ハリスン(Jerry Harrison)と、キング・クリムゾン(King Crimson)等で知られるエイドリアン・ブリュー(Adrian Belew)は、ブルックリンを拠点とするファンク・バンドのタークァーズ(Turkuaz)と共に、トーキング・ヘッズの1980年アルバム『Remain In Light』の発売40周年記念ツアーを開催すると発表。

今のところ、米バージニア州で7月に開催されるフェスティバル<FloydFest 2020>への出演が決定しているのみですが、ブリューはサイトJambandsに、他のフェスティバル出演に関する情報が間もなく発表されると約束しています。

<FloydFest 2020>の公式サイトによると、このバンドは“Turkuaz w/ Jerry Harrison & Adrian Belew: REMAIN IN LIGHT turns 40”名義で活動するようです。

このバンドは、『Remain In Light』をアルバムの順番通りに演奏するだけでなく、他のトーキング・ヘッズの楽曲も演奏する予定です。

ジェリー・ハリスンは「ツアーに参加してから長い時間が経ちました。タークァーズのプロデュースを始めると考え始めました。トーキング・ヘッズの曲をもう一度やりたい。タークァーズは、ヘッズの音楽を本当に理解している数少ないアーティストのひとつです。エイドリアンがサインしてくれたら、トーキング・ヘッズの象徴的な1980年のローマ・コンサートで得られた興奮と喜びを再現できるのは確実です」とコメントしています。

エイドリアン・ブリューはアルバム『Remain In Light』のレコーディングに参加しています。

■<FloydFest 2020>サイト内 Turkuaz w/ Jerry Harrison & Adrian Belew: REMAIN IN LIGHT turns 40ページ
https://floydfest.com/home2020/artist/turkuaz-w-jerry-harrison-adrian-belew/