HOME > ニュース >

サクソンのビフ・バイフォードが初ソロ・アルバムを2020年2月発売、新曲リリックビデオあり

2019/10/25 19:37掲載
このニュースの他の関連写真
Biff Byford / School Of Hard Knocks
英へヴィメタル・バンド、サクソン(Saxon)のフロントマンであるビフ・バイフォード(Biff Byford)が初のソロ・アルバム『School Of Hard Knocks』を海外で2020年2月21日発売。リリース元はSilver Lining Records。

新作のプロデュースはビフ・バイフォード自身。レコーディングは、英ブライトンのBrighton Electric Studiosで行われています。

アルバムには、

Phil Campbell (MOTORHEAD, PHIL CAMPBELL & THE BASTARD SONS)
Alex Holzwarth (RHAPSODY OF FIRE)
Nick Barker (VOICES)
Dave Kemp (WAYWARD SONS)
Nibbs Carter (SAXON)

がゲスト参加。

またアルバムにはサイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel)のカヴァー「Scarborough Fair」も収録。このカヴァーにはオーペス(Opeth)のフレドリック・オーケソンが参加しています。

この作品から新曲「Welcome To The Show」のリリックビデオが公開されています