HOME > ニュース >

ザ・バード・アンド・ザ・ビーによるヴァン・ヘイレンのトリビュート・アルバムが全曲リスニング可

2019/08/02 19:28掲載
The Bird and the Bee
The Bird and the Bee
エレクトロ・ポップ・デュオのザ・バード・アンド・ザ・ビー(The Bird and the Bee)による、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)のトリビュート・アルバム『Interpreting the Masters Volume II: A Tribute To Van Halen』がSpotify、Apple Musicで配信開始。全曲リスニング可





アルバムは海外で8月2日、日本で8月9日に発売。CDリリースは日本のみ。リリース元は日本はCA VA? RECORDS / HAYABUSA LANDINGS。

ザ・バード・アンド・ザ・ビーは、リトル・フィート(Little Feat)ローウェル・ジョージ(Lowell George)の娘であるイナラと、音楽プロデューサー/キーボーディストのグレッグ・カースティンによるデュオ。

スタジオ・アルバムのリリースは2015年の『Recreational Love』以来。

以下は以前に公開された音源・映像

デイヴ・グロール(Dave Grohl)がドラム演奏で参加。米TV番組『The Late Late Show with James Corden』で披露した「Ain't Talkin' 'Bout Love」


「Hot For Teacher」。この曲にはBeckがスポークン・ワード・パフォーマンスで参加


「Ain't Talking 'Bout Love」


「Panama」


以下 日本盤プレスリリースより

ザ・バード&ザ・ビーはロサンゼルス出身のユニット。あのリトル・フィートの中心人物、ローウェル・ジョージの愛娘でシンガーソングライターのイナラ・ジョージと、アデル/フー・ファイターズ/ベック等々、昨年はポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』までもを手掛けた、今や超大物売れっ子プロデューサー、グレッグ・カースティンによる2人組。イナラのソロ・アルバムで出会った2人は2005年にユニットを結成、2007年に1stアルバム『ザ・バード&ザ・ビー』をブルーノートから発売、世界的な大ヒットを飛ばした。以降、イナラは自身のソロ活動と、グレッグはプロデューサー業を並行しながら現在までに4枚のアルバムをリリースした。4年振りの新作となる本アルバムは、何と!あのハード・ロックシーンを代表するバンド、ヴァン・ヘイレンのトリビュート・アルバム!10年にリリースしたホール&オーツのカバー作「Interpreting the Masters」シリーズの第2弾となる。ヴァン・ヘイレンのデビュー・シングル「ユー・リアリー・ガット・ミー」(キンクスのカヴァー曲)や80年代を代表する空前の大ヒット曲「ジャンプ」といった楽曲を、ザ・バード&ザ・ビー流のエレ・ポップサウンドにどう料理したのか?まさに今年最大の問題作の登場?!また本作はCDフォーマットのリリースは日本だけとなる。
■『Interpreting the Masters Volume II: A Tribute To Van Halen』

1.Runnin’With The Devil
2.Panama
3.Hot For Teacher
4.Eruption
5.Jump
6.Ain’tTalkin\\'‘Bout Love
7.Jamie’s Cryin’
8.Unchained
9.You Really Got Me
10.Diamond Dave

[日本盤ボーナストラック]
11.Everybody Wants Some