HOME > ニュース >

マーシフル・フェイト復活 2020年に20年ぶりのライヴ開催発表、新曲も披露予定

2019/08/02 10:03掲載(Last Update:2019/08/02 16:34)
Mercyful Fate
Mercyful Fate
キング・ダイアモンド(King Diamond)率いるデンマーク出身のヘヴィメタル・バンド、マーシフル・フェイト(Mercyful Fate)が復活。2020年6月にバンドの地元コペンハーゲンで行われるフェスティバル<Copenhell Festival>に出演することを発表。またバンドは声明で「2020年夏に<Copenhell Festival>を含む不特定多数のコンサートをヨーロッパで開催する」とも説明しています。

マーシフル・フェイトは2011年にメタリカの30周年記念コンサートにおいてメンバーが再集結して演奏を行ったことはありますが、正式なライヴ開催はおよそ20年ぶり。

今回のメンバーは7thアルバム『9』(1999年)時のラインナップで

ハンク・シャーマン - Guitar
キング・ダイアモンド - Vocals
ビャーネ・T・ホルム - Drums
マイク・ウィード - Guitar

そしてティミ・ハンセンがいない間はジョーイ・ヴェラ(ARMORED SAINT、FATES WARNING)がベースを担当します。

セットリストは彼らの最初の'ミニLP'、アルバム『Melissa』と『Don't Break The Oath』、そして彼らの初期のスタイルで書かれた新曲で構成される予定。

【Updada:2019/08/02 16:33】
キング・ダイアモンドの妻Livia Zita-BendixのFacebookページによると、ティミ・ハンセンは現在、癌の闘病生活を送っています