HOME > ニュース >

トム・ヨーク 映画『Motherless Brooklyn』に新曲「Daily Battles」を提供、レッチリのフリー参加

2019/07/30 09:51掲載
Thom Yorke and Flea - CREDIT: David Wolff-Patrick/Redferns
Thom Yorke and Flea - CREDIT: David Wolff-Patrick/Redferns
米ローリングストーンズ誌によると、レディオヘッド(Radiohead)トム・ヨーク(Thom Yorke)が映画『Motherless Brooklyn』に新曲「Daily Battles」を提供しています。

同映画は俳優のエドワード・ノートンが監督・脚本・主演を務めるサスペンス。原作は、1999年に米国文学賞の全米批評家協会賞を受賞した米作家ジョナサン・レセムの同名小説。物語の舞台は1950年代のニューヨーク。トゥレット障害を持つ私立探偵のライオネルは、信頼のおける相談相手の不審な死を知り調査を開始する、というストーリー。他の出演は、ブルース・ウィリス、ウィレム・デフォー、ググ・バサ・ロー、アレック・ボールドウィン、レスリー・マンほか。米国で11月公開予定。

米ローリングストーンズ誌によると、「Daily Battles」はトム・ヨークのオリジナル・ヴァージョンと、米トランペット奏者ウィントン・マルサリス(Wynton Marsalis)による同曲のジャズ・アレンジ・ヴァージョンがあり、両方とも映画に登場します。トム・ヨークのオリジナル・ヴァージョンには、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)アトムス・フォー・ピース(Atoms For Peace)フリー(Flea)がベース演奏で参加しています。この2ヴァージョンとも今後数週間以内にデジタルでリリースされる予定で、また両ヴァージョンを収めたスプリット7インチアナログレコードもリリースされる予定です。