HOME > ニュース >

南アフリカのミュージシャン ジョニー・クレッグが死去、反アパルトヘイト活動家

2019/07/17 10:14掲載(Last Update:2019/07/17 11:15)
Johnny Clegg
Johnny Clegg
南アフリカのミュージシャンで、反アパルトヘイト活動家のジョニー・クレッグ(Johnny Clegg)が7月16日、南アフリカのヨハネスブルグにある自宅で膵臓癌のため死去。彼のマネージャーがクレッグのFacebookページで明らかにしています。66歳でした。

ジョニー・クレッグはイギリス生まれで、6歳の時に母親と一緒に南アフリカへ移住。70年代後半から、ヨハネスブルグの黒人ストリートミュージシャンたちとバンド活動を開始。政治的なメッセージを込めた曲を数多く作り、白人政権を強く批判した。

最も有名な曲のひとつは、ズルー語で「私たちは彼(ネルソン・マンデラ)の姿を見たことがない」という意味の「Asimbonanga」(1987年)。当時ロベン島に収監されていたマンデラのことを歌っており、マンデラの画像が禁止された時代を表しています。

訃報を受け、ユッスー・ンドゥール(Youssou N'dour)はトリビュートビデオを公開しています