HOME > ニュース >

イエス ジョン・レノン「Imagine」を初ライヴ・カヴァー&「The Gates of Delirium」を18年ぶりに演奏 映像がネットに

2019/06/14 15:51掲載(Last Update:2019/06/15 17:08)
Yes - The Royal Affair Tour 2019
Yes - The Royal Affair Tour 2019
イエス(Yes)が最新ライヴ(6月12日 米ペンシルベニア州ベツレヘム)でジョン・レノン(John Lennon)の「Imagine」をカヴァー。海外のセットリストサイトsetlist.fmによると、イエスとしてはライヴ初演奏。この公演では、この他にもライヴ演奏は稀な楽曲を演奏。「The Gates of Delirium」を2001年以来、「Rhythm of Love」は2004年以来、GTRのカヴァー「Sketches in the Sun」は2012年以来の演奏です。「Imagine」と「The Gates of Delirium」のファン撮影の映像あり。

イエスの現ラインナップは

ジョン・デイヴィソン [lead vocals]
スティーヴ・ハウ [guitar]
ビリー・シャーウッド [bass, vocals, keyboard]
ジェフ・ダウンズ [keyboards]
アラン・ホワイト [drums]
ジェイ・シェレン [additional drums]

なお、メンバーのアラン・ホワイトはジョン・レノン「Imagine」のオリジナル・レコーディングにドラマーとして参加しています。





この北米ライヴツアー<The Royal Affair Tour>には、エイジア(Asia)ムーディー・ブルース(The Moody Blues)ジョン・ロッジ(John Lodge)によるソロ・プロジェクト“John Lodge of The Moody Blues”、カール・パーマー(Carl Palmer)率いるグループにアーサー・ブラウン(Arthur Brown)が加わった“Carl Palmer’s ELP Legacy featuring guest vocals from Arthur Brown”も帯同しています。