HOME > ニュース >

オールマン・ブラザーズ・バンドの息子たちが組んだオールマン・ベッツ・バンド 米Premier Guitarでパフォーマンスを披露

2019/06/13 13:58掲載
The Allman Betts Band
The Allman Betts Band
オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)のオリジナル・メンバーの息子たちが組んだ新バンド、オールマン・ベッツ・バンド(The Allman Betts Band)。米国のギター雑誌Premier Guitarの映像企画「Premier Guitar」に参加。アコースティック・パフォーマンスとインタビューをフィーチャーした約30分の映像が公開されています



オールマン・ベッツ・バンドは、グレッグ・オールマン(Gregg Allman)の息子デヴォン・オールマン(Devon Allman)と、ディッキー・ベッツ(Dickey Betts)の息子デュアン・ベッツ(Duane Betts)を中心に結成されたバンド。2人に加え、オールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナル・ベーシストであるベリー・オークリーの息子ベリー・オークリーJr.(Berry Oakley Jr.)、スライド・ギタリストのJohnny Stachela、キーボード奏者のJohn Ginty、パーカッショニストのR. Scott Bryan(Sheryl Crow他)とJohn Lumも参加しています。

オールマン・ベッツ・バンドはデビュー・アルバム『Down To The River』を海外で6月28日に発売します。リリース元はBMG。

デビュー・アルバムのレコーディングは、米アラバマのマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオで行われ、マット・ロス・スパング(Matt Ross-Spang/Jason Isbell, Margo Price, John Prine and Elvis Presley他)によってプロデュースされています。

アルバムには、元オールマン・ブラザーズ・バンドで、ローリング・ストーンズのサポート・メンバーとしても知られるキーボード奏者のチャック・リーヴェル(Chuck Leavell)や、グレッグ・オールマン・バンドのピーター・レヴィン(Peter Levin)がゲスト参加しています。

以下は以前に公開された映像・音源

「Shinin’」


「All Night」のミュージックビデオ