HOME > ニュース >

スパンダー・バレエ、トニー・ハドリーがバンドに戻るまで活動休止

2019/05/28 14:02掲載
Spandau Ballet
Spandau Ballet
スパンダー・バレエ(Spandau Ballet)は、2017年に脱退したオリジナル・ヴォーカリストのトニー・ハドリー(Tony Hadley)がバンドに戻るまでバンド活動を休止することを発表。メンバーのマーティン・ケンプが英TV番組『This Morning』内で明らかにしています。

スパンダー・バレエは、トニー・ハドリー脱退後、後任としてシンガー/俳優のロス・ウィリアム・ワイルド(Ross William Wild)を迎えてライヴ活動を行っていましたが、マーティンは同番組で「人々が本当に望んでいるのは僕たち5人が揃うことなんだ」と実感し「それが実現するまで何もするべきではない」と考えるようになったと語っています。マーティンはまた「いつか僕たち5人が話をして、そして一緒に戻ることができるなら、それは素晴らしいことだろう」と語り、マーティンは、バンドがトニーが戻ってくるまでツアーを中止したことを明らかにしています。

スパンダー・バレエのSNSページによると、後任のロス・ウィリアム・ワイルドはバンドは既に去っており、今後は自身のバンドMercutioなどのプロジェクトを行うようです。