HOME > ニュース >

アイアン・メイデン 日本の老舗酒蔵と協力したバンド公式ビール『Trooper』最新作『Sun And Steel』の紹介映像を公開

2019/05/18 11:31掲載
IRON MAIDEN AND ROBINSONS BREWERY UNVEIL TROOPER SUN AND STEEL: A NEW SAKE INFUSED LAGER
IRON MAIDEN AND ROBINSONS BREWERY UNVEIL TROOPER SUN AND STEEL: A NEW SAKE INFUSED LAGER
アイアン・メイデン(Iron Maiden)のオフィシャル・ビール『Trooper』シリーズの最新作は、創業300年を超える日本の老舗酒蔵「奥の松酒造」と協力した『Sun And Steel』。アイアン・メイデンのヴォーカリストでビール愛好家のブルース・ディッキンソン(Bruce Dickinson)がこの『Sun And Steel』を紹介する映像が公開されています。

『Sun And Steel』は『Trooper』シリーズ初のラガーで、このシリーズを手がける英国のロビンソンズ醸造所(Robinsons Brewery)がこれまでに作った中で最も複雑なビールのひとつ。2つの酵母で作られたハイブリッドビールで、本格的な日本酒で作られたダブル発酵ラガーです。

『Sun And Steel』は、1983年にバンドがリリースしたアルバム『Piece Of Mind(邦題:頭脳改革)』に収録された同名曲からその名前が付けられています。この曲は宮本武蔵の人生に触発された楽曲でした。

『Sun And Steel』は、2016年秋、ブルース・ディッキンソンと、ロビンソンズ醸造所の醸造家Martyn Weeksが、アイアン・メイデンのファンという「奥の松酒造」の代表者・遊佐丈治(George Yusa)とのミーティングを経て考案され、ブルースは2つのフレーバーをまとめるというアイデアに興味をそそられるようになり、こうして『Sun And Steel』が誕生しています。

アイアン・メイデンが2017年にロンドンのO2アリーナでコンサートを行った日に「奥の松酒造」から清酒酵母のサンプルを渡されたブルースは、その酵母をロビンソンズ醸造所に持っていきます。日本政府から醸造する許可を得たロビンソンズ醸造所のチームは、それ以来ずっと注意深く慎重に育てていました。

『Trooper』シリーズの6番目のビールである『Sun And Steel』は、5月6日から英国で販売され、2019年後半には他の国でも販売される予定です。



以下は楽曲「Sun And Steel (2015 Remaster)」