HOME > ニュース >

映画『スパイナル・タップ』のキャストたちがリユニオン・ライヴ実施、エルヴィス・コステロがゲスト参加

2019/04/29 10:22掲載
Spinal Tap - 2019
Spinal Tap - 2019
映画『スパイナル・タップ』のキャストたちが公開35周年を記念して再集結、ライヴ・パフォーマンスを行っています。

ニューヨークで開催されている<トライベッカ映画祭>では、公開35周年を記念した『スパイナル・タップ』の特別上映を4月27日に実施。上映後にはオリジナル・キャストのクリストファー・ゲスト、マイケル・マッキーン、ハリー・シーラーがライヴ・パフォーマンスを行い、「Flower People」「Hell Hole」「All the Way Home」「Clam Caravan」などを演奏。「Gimme Some Money」にはエルヴィス・コステロ(Elvis Costello)がゲスト参加しています。ファン撮影の映像あり。

『スパイナル・タップ』は、架空のヘヴィメタルバンド、スパイナル・タップ(Spinal Tap)の全米ツアーに密着、当時隆盛を極めていたハードロック/ヘヴィメタル文化や音楽を痛烈に風刺したカルト的人気を誇るロック・モキュメンタリー。