HOME > ニュース >

イギー・ポップ参加の新曲2曲公開、アルゼンチンのFéminaとロンドンのPan Amsterdam

2019/03/01 17:00掲載
Iggy Pop
Iggy Pop
イギー・ポップ(Iggy Pop)がフィーチャリング参加した新曲2曲が公開。アルゼンチンのフィーメール・トリオ、フェミーナ(Fémina)の新曲「Resist」と、ロンドンのPan Amsterdamの新曲「Mobile」

●Fémina ft Iggy Pop - Resist


●Pan Amsterdam ft Iggy Pop - Mobile


フェミーナ(Fémina)の新曲「Resist」はアルバム『PERLAS & CONCHAS』に収録。以下、日本盤インフォメーションより

アルゼンチンはアンデス山間部の都市サン・マルティン・デ・ロス・アンデス出身のフィーメール・トリオ、フェミーナ。日本ではいまいち認知されていないが、南米はもちろん、北米のラテン文化圏では未来を嘱望されるトリオである。

待望となる新作のプロデューサーは現代ワールドミュージックの最重要人物、クアンティック。南米産スロウテクノ/アンビエントを前面に押し出した秀逸なトラック、そこにオーセンティックなヒップホップのキック、のびやかなホーン、そして三人の女性歌手による美メロ・コーラスが絡み、極上のアンデス産ブレイクビーツを聞かせてくれる。 ニコラ・クルースを筆頭とするフォルクローレ×スロウ・テクノが一大潮流となるなかで、より強力なダンス・ミュージックとしての機能性を再拡大した本作は、クラブ・ミュージックの在り方をあらためて問うクアンティック流の南米エレクトリック・ミュージックとも言えるだろう。

ゲストにはなんとイギーポップ(!!!)までが参加。ワイルド(かつシュール! )なジャケットは、かつてデニス・ボーヴェルがスリッツと生み出した傑作『CUT』をも彷彿させる。南米スロウ・テクノの潮流にブレイクビーツの力強さ、ポスト・パンクの哲学にTLC級の美メロ・コーラスが融合した本作は、既存のラテンという枠を超え、多くの音楽ファンを巻き込むこと必至。21世紀ラテン・ミュージックのネクスト・スタンダードともいえる傑作がここに誕生した。