HOME > ニュース >

ジョン・メイオール、トッド・ラングレンが参加した新曲「That's What Love Will Make You Do」を公開

2019/02/13 07:01掲載
John Mayall / Nobody Told Me
John Mayall / Nobody Told Me
英国ブルースのアイコン、ジョン・メイオール(John Mayall)トッド・ラングレン(Todd Rundgren)が参加した新曲「That's What Love Will Make You Do (Featuring Todd Rundgren)」を公開。試聴可。この曲は、ジョン・メイオールが自身のお気に入りギタリスト達と共演したコラボレーション・アルバム『Nobody Told Me』に収録されます。



アルバムは海外で2月22日、日本で2月27日に発売。リリース元は海外はForty Below Records、日本はBSMF RECORDS。

共演は、ラッシュ(Rush)アレックス・ライフソン(Alex Lifeson)トッド・ラングレン(Todd Rundgren)ジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)スティーヴ・ヴァン・ザント(Steven Van Zandt)ラリー・マックレイ(Larry McCray)キャロライン・ワンダーランド(Carolyn Wonderland)

プロデュースはジョン・メイオールとエリック・コーン。レコーディングは、フリートウッド・マックが『Rumours』のレコーディングで使用したビンテージNeveコンソールを使うため、フー・ファイターズ所有のStudio 606で行われています。

アルバムにはジョン・メイオールの現バンド・メンバー

Greg Rzab (bass)
Jay Davenport (drums)
Billy Watts (rhythm guitar)

も参加しています。

以下は以前に公開された音源



「It's So Tough (Featuring Steven Van Zandt)」


「Distant Lonesome Train (Featuring Carolyn Wonderland)」


「What Have I Done Wrong (Featuring Joe Bonamassa)」