HOME > ニュース >

元ガンズ・アンド・ローゼズのギルビー・クラーク 18年ぶりのソロ・アルバムを2019年後半リリース

2019/02/05 08:33掲載
Gilby Clarke
Gilby Clarke
ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)での活躍でも知られるギタリストのギルビー・クラーク(Gilby Clarke)がGolden Robot Recordsとレコード契約を締結。18年ぶりのソロ・アルバム『The Gospel Truth』を2019年後半にリリースする予定です。

ソロ・スタジオ・アルバムのリリースは2001年の『Swag』以来。

この間、2006年には米TV番組『Rock Star: Supernova』の企画で誕生したバンド、ロック・スター・スーパーノヴァ(Rock Star Supernova)にモトリー・クルーのトミー・リー、元メタリカのジェイソン・ニューステッドと共に参加し、アルバムをリリース。また2007年にはベスト・アルバムをリリースしています。

米サイトBlabbermouth.netによると、ギルビー・クラークはここ数年の間、アルバムに取り組んでいて、クラークのソロ・バンドのメンバーであるEJ Curse(bass/vocals)、Troy Patrick Farrell(drums/vocals)が参加していると言われています