HOME > ニュース >

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのキーボード奏者リース・ワイナンズが初ソロ・アルバム発売、1曲無料DL可

2019/01/22 13:40掲載
Reese Wynans and Friends / Sweet Release
Reese Wynans and Friends / Sweet Release
スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan)のバンド、ダブル・トラブルでも活躍したキーボード奏者のリース・ワイナンズ(Reese Wynans)。初のソロ・アルバム『Sweet Release』を海外で3月1日発売。リリース元はJ&R Adventures。

プロデュースはブルース・ロック・ギタリストのジョー・ボナマッサ(Joe Bonamassa)。ジョーはリースの長年のファンで、リースに「自分もプロデューサーとしてプロジェクトを支えるのでソロ・アルバムを制作してみては?」と提案したことから、このアルバムが制作されることになったようです。

レコーディングには、ダブル・トラブルのトミー・シャノン(Tommy Shannon/bass)、クリス・レイトン(Chris Layton/drums)も参加。またギタリストのケニー・ウェイン・シェパード(Kenny Wayne Shepherd)ウォーレン・ヘインズ(Warren Haynes)ドイル・ブラムホールⅡ(Doyle Bramhall II)、ジョー・ボナマッサ、ケブ・モ(Keb’ Mo’)ヴィンス・ギル(Vince Gill)も参加しています。

この作品の1stシングルで、スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブルへの賛辞である「Crossfire」がリース・ワイナンズの公式サイトで無料ダウンロード配信されています。この曲にはサム&デイヴ(Sam and Dave)サム・ムーア(Sam Moore)がヴォーカルとして参加しています。

●リース・ワイナンズの公式サイト
http://reesewynans.com/

アルバムのトレーラー映像あり

●『Sweet Release』

1. Crossfire [feat. Josh Smith, Jack Pearson]

2. Say What [feat. Chris Layton, Tommy Shannon, Kenny Wayne Shepherd]

3. That Driving Beat [feat. Mike Farris, Paulie Cerra, Josh Smith, Jack Pearson]

4. You’re Killing My Love [feat. Doyle Bramhall II, Josh Smith]

5. Sweet Release [feat. Keb' Mo', Mike Farris, Jimmy Hall, Bonnie Bramlett, Vince Gill, Warren Haynes, Paulie Cerra, Joe Bonamassa, Josh Smith]

6. Shape I’m In [feat. Kenny Wayne Shepherd, Noah Hunt, Chris Layton, Tommy Shannon, Josh Smith, Jack Pearson]

7. Hard To Be [feat. Bonnie Bramlett, Jimmy Hall, Joe Bonamassa, Josh Smith, Jack Pearson]

8. Riviera Paradise [feat. Chris Layton, Tommy Shannon, Kenny Wayne Shepherd, Joe Bonamassa, Jack Pearson]

9. Take The Time [feat. Warren Haynes, Joe Bonamassa]

10. So Much Trouble [feat. Joe Bonamassa, Jack Pearson, Mike Henderson]

11. I’ve Got The Right To Be Blue [feat. Keb' Mo']

12. Soul Island [feat. Josh Smith, Jack Pearson]

13. Blackbird