HOME > ニュース >

ロン・セクスミスがウォーレン・ジヴォン作「Carmelita」をカヴァー

2019/01/11 16:23掲載
Ron Sexsmith
Ron Sexsmith
ロン・セクスミス(Ron Sexsmith)ウォーレン・ジヴォン(Warren Zevon)作「Carmelita」をカヴァー。自宅で撮影されたアコースティックギターの弾き語り映像を公開しています。

「Carmelita」はもともと、カナダのシンガーソングライター、マレー・マクロクランが1972年に発表。その後、ウォーレン・ジヴォンが自身のヴァージョンを1976年のアルバム『Warren Zevon』に収録。1977年にはリンダ・ロンシュタットがカヴァーしています。