HOME > ニュース >

リンダ・ロンシュタット初のライヴ盤、80年の未発表ライヴ音源『Live in Hollywood』発売決定

2018/12/15 08:34掲載
Linda Ronstadt / Live in Hollywood
Linda Ronstadt / Live in Hollywood
リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt)、初のライヴ・アルバムが発売決定。1980年4月24日に米ハリウッドのテレビジョン・センター・スタジオで録音されたライヴ音源が『Live in Hollywood』として2019年2月1日に発売されます。海外ではCDとアナログレコード、日本ではCDが発売されます。リリース元はRhino/ワーナーミュージック。

この音源はもともと、米TV局HBOの特別番組のために収録されたもの。本アルバムのプロデューサーを務めるジョン・ボイランが、この音源のマスターテープの存在を知り、今回リリースが実現しています。アルバムには、リンダ・ロンシュタット自身が選んだ、お気に入りの12曲が収録されます。12曲のうち既発なのは「Poor Poor Pitiful Me」、バディ・ホリー(Buddy Holly)のカヴァー「It’s So Easy」、「Blue Bayou」の計3曲だけ。他のライヴ音源は未発表です。

発売決定にあわせ、同番組から「Just One Look」のライヴ映像が公開されています

【バンド・メンバー】
Kenny Edwards - Guitar
Danny Kortchmar - Guitar
Russ Kunkel - Drums
Bob Glaub - Bass
Billy Payne - Keyboards
Dan Dugmore - Pedal Steel Guitar
Wendy Waldman - Backing Vocals
Peter Asher ? Percussion, Backing Vocals

●『Live in Hollywood』

1. I Can't Let Go / アイ・キャント・レット・ゴー

2. It's So Easy / イッツ・ソー・イージー

3. Willin' / ウィリン

4. Just One Look / ジャスト・ワン・ルック

5. Blue Bayou / ブルー・バイユー

6. Faithless Love / あてにならない恋

7. Hurt So Bad / 涙がいっぱい

8. Poor Poor Pitiful Me / 私はついてない

9. You're No Good / 悪いあなた

10. How Do I Make You / ハウ・ドゥ・アイ・メイク・ユー

11. Back In The USA / バック・イン・USA

12. Desperado / ならず者