HOME > ニュース >

イギー・ポップがプロデュース参加 パンク・ドキュメンタリー『Punk』が米国で放送決定

2018/12/13 13:49掲載
Iggy Pop
Iggy Pop
イギー・ポップ(Iggy Pop)がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加する、4部構成の音楽ドキュメンタリー『Punk』が、2019年3月11日に米ケーブルテレビのEpixで放送されます。

イギーは、同じくエグゼクティブ・プロデューサーであるファッション界の巨匠ジョン・バルベイトス、プロデューサーのデリック・マレーらと共に、米国と英国のパンクのストーリーを伝えるドキュメンタリー・シリーズを制作。音楽だけでなく、ファッション、アート、DIYの姿勢など、パンクのすべてを説明するシリーズとなる予定。監督はジェシー・ジェイムズ・ミラー。

この作品には、米国のパンク・パイオニアと、英国で最も有名なバンドの独占インタビューを収録し、またレアおよび初出写真、アーカイブ・フィルム&ビデオ、パンクのヒット曲などもフィーチャーしています。

インタビュー出演はイギーのほか

Johnny Rotten (from Sex Pistols)
Debbie Harry and Chris Stein (from Blondie)
Duff McKagan (from Guns N' Roses)
Marky Ramone (from The Ramones)
Flea (from Red Hot Chili Peppers)
Jello Biafra (from Dead Kennedys)
Dave Grohl (Foo Fighters)
Wayne Kramer (MC5)

Danny Fields (Elektra Records)
Legs McNeil (Please Kill Me punk magazine)
filmmaker Penelope Spheeris ("The Decline of Western Civilization", "Wayne's World")

など