HOME > ニュース >

TVアニメ『どろろ』 追加キャスト発表&最新PV公開

2018/12/06 22:13掲載
 『どろろ』(C) 手塚プロダクション/ツインエンジン
 『どろろ』(C) 手塚プロダクション/ツインエンジン
手塚治虫の漫画『どろろ』をMAPPAと手塚プロダクションが再アニメ化。2019年1月7日からTOKYO MX、BS11ほかで順次放送されます。PV第2弾が公開されています。



『どろろ』は鬼神によって身体の48カ所を奪われた少年・百鬼丸が、失った身体の部位を取り返すためにどろろという名の少年と2人で妖怪を倒す旅をする物語。1969年にテレビアニメ化され、2007年には実写映画化もされています。

今回は2度目のテレビアニメ化で、アニメーション制作は『ユーリ!!! on ICE』のMAPPAと手塚プロダクションが2社共同で担当します。

メインスタッフは、監督を『機動戦士ガンダム UC』『劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜』の古橋一浩、シリーズ構成を『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの小林靖子、キャラクター原案を『テガミバチ』で知られる漫画家の浅田弘幸、キャラクターデザインを『いぬやしき』『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』で作画監督を手がけた岩瀧智、音楽を『いぬやしき』の池頼広が担当します。

キャストは百鬼丸役を鈴木拡樹 どろろ役を鈴木梨央、琵琶丸役を佐々木睦、多宝丸役を千葉翔也、百鬼丸と多宝丸の父・醍醐景光役を内田直哉、百鬼丸の育ての親・寿海役を大塚明夫、百鬼丸と多宝丸の生みの親・縫の方役を中村千絵、ナレーションを麦人が担当しています。

今回発表された新たなキャストのコメントが発表されています

◇内田直哉のコメント

今回ご存じ手塚アニメの代表作でもある「どろろ」に参加でき、また、醍醐景光というインパクトのあるキャラをいただきこの上ない喜びを感じています。ぜひ、2019年版「どろろ」を少しでも多くの方々にも見ていただけることを切に願います。

◇千葉翔也のコメント

まさか手塚先生原作の作品に関わることができるとは思わず、心から光栄です。オーディション前に読んだ原作では、百鬼丸の背景の壮絶さに息をのみ、作品が持つ世代を超えて人の心をひきつける設定にただ感動しました。多宝丸は少年でありながら、そうあることを許されない人物なので、その葛藤も表現したいです。今後も作品が人の心に残っていく契機になるように、長きにわたり愛してきた皆様にも新鮮さを感じていただけるように頑張ります。

◇大塚明夫のコメント

 まだ収録も序盤ではありますが、大変魅力的な作品なので完成が楽しみです。また、私演じる寿海もお楽しみください。

◇中村千絵のコメント

大好きな手塚治虫さんの作品に出演が決まり、大変光栄です! 50年ぶりのアニメ化にあたり、縫の方の、母としての愛や苦悩を大切に私なりに演じたいと思います。戦乱の世が物語の舞台、テーマは重いけれどアフレコ現場は、和気あいあいでとてもよいムードです。皆で作り上げる最新の「どろろ」、幅広い年齢層の方々にお楽しみいただけたらうれしい限りです。


以下は以前に公開された映像

PV第1弾


ティザーPV
●TVアニメ『どろろ』

【TV放送】
2019年1月7日よりTOKYO MX にて毎週月曜22:00から放送開始
2019年1月7日よりBS11 にて毎週月曜24:30から放送開始
2019年1月11日より時代劇専門チャンネル にて毎週金曜26:00から放送開始

【配信サービス】
Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信
第1話:日本では1月6日(日)24:00頃より先行配信

<スタッフ> 
原作:手塚治虫「どろろ」
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクター原案:浅田弘幸
キャラクターデザイン:岩瀧智
音楽:池頼広
オープニング・テーマ:女王蜂「火炎」 
アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン

<キャスト>
百鬼丸:鈴木拡樹 どろろ:鈴木梨央
琵琶丸:佐々木睦 醍醐景光:内田直哉
多宝丸:千葉翔也 寿海:大塚明夫
縫の方:中村千絵 ナレーション:麦人

(C) 手塚プロダクション/ツインエンジン