HOME > ニュース >

ザ・ポップ・グループのマーク・スチュワート 「Liberty City」の新規制作ミュージックビデオ公開

2018/12/04 07:08掲載
Mark Stewart and The Maffia / Learning To Cope With Cowardice
Mark Stewart and The Maffia / Learning To Cope With Cowardice
ザ・ポップ・グループ(The Pop Group)での活躍でも知られるマーク・スチュワート(Mark Stewart)が1983年にOn-U Soundからリリースした初のソロ・アルバム『Learning To Cope With Cowardice』(Mark Stewart and The Maffia名義/エイドリアン・シャーウッド・プロデュース)。

新たに発掘された未発表音源を収めたボーナス・ディスク付きエディションのリリースにあわせ、「Liberty City」の新規制作ミュージックビデオが公開されています。このビデオは、振付家Mehmet Sanderとのコラボレーション・ビデオで、フランスの哲学者ミシェル・フーコーの著書からインスピレーションを得た内容となっています。



今回のエディションは海外、日本で2019年1月25日発売。CD2枚組、アナログレコード2枚組、限定カラーヴァイナル仕様アナログレコード2枚組(double clear vinyl)があり。リイシュー元は海外はMute、日本はTraffic。

今回、失われていたと思われていた当時のレコーディング・セッション音源が新たに発掘され、その中から10曲を収めたアルバム『The Lost Tapes』が、『Learning To Cope With Cowardice』の新装エディションにボーナス・ディスクとして収録されます。

以下は以前に公開された音源

未発表音源集から「Paranoia」
●『Learning To Cope With Cowardice』

<LP 1 / Disc 1>
1. Learning To Cope With Cowardice
2. Liberty City
3. Blessed Are Those Who Struggle
4. None Dare Call It Conspiracy
5. Don’t You Ever Lay Down Your Arms
6. The Paranoia of Power
7. To Have The Vision
8. Jerusalem

<LP 2 / Disc 2>
1. Intro
2. May I
3. Conspiracy
4. Jerusalem [prototype]
5. Paranoia
6. Liberty Dub
7. Vision
8. Cowardice Dub
9. High Ideals & Crazy Dub
10. The Weight