HOME > ニュース >

エリック・クラプトンのドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』から特別映像が公開

2018/11/09 21:51掲載
Eric Clapton - Life In 12 Bars: Soundtrack
Eric Clapton - Life In 12 Bars: Soundtrack
エリック・クラプトン(Eric Clapton)のドキュメンタリー映画『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜(邦題:Eric Clapton: A Life in 12 Bars)』から特別映像が公開。本作の公開にあわせ、一夜限定のスペシャルイベントに登壇したクラプトンを収めた映像(日本語字幕付き)



ドキュメンタリーの監督は、クラプトンが音楽を手がけた1991年の映画『Rush』の監督で、『ドライビング Miss デイジー』の製作などでも知られるリリ・フィニー・ザナック。製作にはジョン・バトセック(『シュガーマン 奇跡に愛された男』他)、編集にはクリス・キング(『AMY エイミー』他)が参加しています。

制作チームは今回の作品を作るにあたって、クラプトンの膨大なパーソナル・アーカイブにアクセスできる権利を得ており、パフォーマンス動画、オン/オフ・ステージ映像、アイコン的な写真、コンサート・ポスター、手書きの手紙と絵、個人的な日記などの資料が与えられています。

映画では、ヤードバーズ(The Yardbirds)、ジョン・メイオール・ブルースブレイカーズ、クリーム(Cream)ブラインド・フェイス(Blind Faith)、そしてソロと、長年に渡るクラプトンのキャリアを記録。また彼の人生においてトラウマとなった幼少期、アルコールやドラッグへの依存、そして息子の死など、クラプトンの最も波乱に満ちた時期にいかに音楽が救いとなってきたかをも追及しています。

本作ではクラプトンの多くのインタビューが観れるほか、彼の家族や友人、音楽コラボレーター、仲間などのインタビューも収録。これには今は亡きB.B.キングやジョージ・ハリスン、ジミ・ヘンドリックスなども含まれています。

『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』は11月23日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

また本作のサウンドトラック・アルバム『Eric Clapton - Life In 12 Bars: Soundtrack』にはクラプトンの長年にわたるキャリアの中から厳選した全32曲を収録。CDは2枚組、アナログレコードは4枚組です。

32曲のうち5曲が未発表音源。

●クリーム「Spoonful」 (17.27)
1968年10月にLA Forumでライヴ・レコーディング。

デレク・アンド・ザ・ドミノス(Derek and the Dominos)「High」 (3.10)
未発表の2ndアルバムのために行われたレコーディング・セッションより。1971年4月にOlympic Studiosで録音。この曲はその後、クラプトンのアルバム『There's One in Every Crowd(邦題:安息の地を求めて)』(1975年)のために再レコーディングされ収録されています。

●デレク・アンド・ザ・ドミノス「Little Wing」(6.11)
1970年10月24日にフィルモアイーストでライヴ・レコーディング。

●エリック・クラプトン「I Shot The Sheriff」(6.54)
1974年のアルバム『461 Ocean Boulevard』に収録され、また全米1位のシングル・ヒットとなったボブ・マーリーのカヴァーの未発表フル・ヴァージョン。

●エリック・クラプトン「Little Queenie live」(6.00)
1974年7月に米カリフォルニア州ロングビーチアリーナでライヴ・レコーディング。チャック・ベリーのカヴァー。

アルバムにはこのほか、1970年の1stソロ・アルバム『Eric Clapton』から「After Midnight」と「Let It Rain」の別ミックス・ヴァージョンなど、レアなミックスも含まれています。

Spotifyで全曲リスニング可



以下は以前に公開された映像

日本版予告編映像


トレーラー映像
●『エリック・クラプトン〜12小節の人生〜』

輝かしい名声と成功にあった、人生の苦悩と悲哀。過去、そして現在、すべてを赤裸々に曝け出す。

グラミー賞を18回受賞し、長年音楽界を牽引し続ける世界的スーパースター、エリック・クラプトン。お金や名声よりも音楽性を優先し、愚直なまでにブルースに身を捧げ天才の名を欲しいままにしていたが、私生活では欲望と愛情、快楽と幸せの区別もつかないまま、いつも“何か”を探して彷徨い続けてきた。母親に拒絶された少年時代の孤独、共にギターの腕を競いあった仲間たちの喪失、親友ジョージ・ハリスンの妻への恋、ドラッグとアルコールに溺れた日々、そして最愛の息子コナーの死。天国と地獄を行きつ戻りつするような、過酷で数奇に満ちた人生を経て、初めて自分の居場所を見つけた今だから振り返ることができる、エリック・クラプトン自らが語る、音楽と愛と魂の軌跡。

今秋、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES
提供:東北新社

■作品情報
監督:リリ・フィニー・ザナック(『ドライビングMISSデイジー』製作)
製作:ジョン・バトセック(『シュガーマン 奇跡に愛された男』、『We Are X』)
編集:クリス・キング(『AMY エイミー』)
音楽:グスターボ・サンタオラヤ(『ブロークバック・マウンテン」)
出演ミュージシャン:エリック・クラプトン、B.B.キング、ジョージ・ハリスン、パティ・ボイド、ジミ・ヘンドリックス、ロジャー・ウォーターズ、ボブ・ディラン、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ etc.

公式サイト:
http://ericclaptonmovie.jp/

© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017