HOME > ニュース >

マルコム・ヤング一周忌追悼企画 AC/DCのドキュメンタリー2作品の上映イベントが開催決定

2018/11/09 12:20掲載
AC/DC:Highway To Hell:Classic Album Under Review & AC/DC:Back In Black:Classic Album Under Review
AC/DC:Highway To Hell:Classic Album Under Review & AC/DC:Back In Black:Classic Album Under Review
2017年11月に亡くなったマルコム・ヤング(Malcolm Young)の一周忌追悼企画として、AC/DCのドキュメンタリー2作品の上映イベントが開催決定。

音楽・楽器愛好者のためのカフェ「楽器カフェ」(東京・神保町)で開催されているイベント<ミュージック・エア・シネマ>の11月第4週の上映作品として、『AC/DC 「地獄のハイウェイ」制作秘話(Highway To Hell:Classic Album Under Review)』が19日(月)に、『AC/DC 「バック・イン・ブラック」制作秘話(Back In Black:Classic Album Under Review)』が20日(火)にそれぞれ上映されます。

この<ミュージック・エア・シネマ>では、日本でも絶大な人気を誇るアーティストの軌跡を辿った映画が、スクリーンと爆音で上映されます。

<ミュージック・エア・シネマ at 楽器カフェ>

■2018年11月第4週の上映作品
【マルコム・ヤング一周忌追悼企画】
「AC/DC:Highway To Hell:Classic Album Under Review」
「AC/DC:Back In Black:Classic Album Under Review」

2017年11月18日に惜しくも亡くなったマルコム・ヤング追悼企画として、AC/DCのドキュメンタリー2作品を上映します。

●「Highway To Hell:Classic Album Under Review
/AC/DC 『地獄のハイウェイ』制作秘話」

AC/DCが1979年にリリースし、初代ボーカリストのボン・スコットの遺作となった名盤
『地獄のハイウェイ』に迫るライヴ&ドキュメンタリー。

※本作は約1時間20分です。
※本作は2017年12月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

11月19日(月)19時30分(開場:19時00分)

●「Back In Black:Classic Album Under Review」
/AC/DC 『バック・イン・ブラック』制作秘話」

AC/DCの代表作『バック・イン・ブラック』に迫るドキュメンタリー。
ヴォーカルのボン・スコットが泥酔時の事故で亡くなったため、
後任にブライアン・ジョンソンを迎えて最初にリリースされたアルバム。
1980年にリリースし、4,900万枚以上の売上を誇るロックの金字塔的作品。

11月20日(火)19時30分(開場:19時00分)

※本作は約1時間55分です。
※本作は2017年12月に上映した作品と同内容です。
※入場料は当日受付にてお支払いいただきます。
※クレジットカードはご利用いただけません。
※本編上映時は場内が暗転します。
※本イベントはデジタル上映です。

詳細は以下のURLのページでご覧になれます。
http://gakki-cafe.com/cinema/