HOME > ニュース >

『ロッキー』シリーズ最新作『クリード 炎の宿敵』 本編クリップ映像「Taking the Fight」公開

2018/11/09 07:01掲載
クリード 炎の宿敵  (c)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
クリード 炎の宿敵  (c)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品『クリード チャンプを継ぐ男』の続編である映画『クリード 炎の宿敵(原題:Creed II)』。本編クリップ映像「Taking the Fight」が公開



前作『クリード チャンプを継ぐ男』は『ロッキー』シリーズのロッキー(シルベスター・スタローン)が、ライバルのアポロ・クリードの息子アドニス(マイケル・B・ジョーダン)と再びボクシングの世界に身を投じるさまを描いた作品。

続編の『クリード 炎の宿敵』には、主人公アドニスとその師匠ロッキーの前に新たな最強の宿敵が登場。挑戦状を突きつけるのは、33年前に公開された『ロッキー4/炎の友情』(1985年)で父アポロの命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクトル。

出演は、主人公アドニスを『クリード チャンプを継ぐ男』、『ブラックパンサー』と話題の大作への出演が続くマイケル・B・ジョーダン、ロッキー役を引き続きシルベスター・スタローンが務めています。さらに宿敵イワン・ドラゴをドルフ・ラングレン、その息子にして今作の対戦相手ヴィクトル・ドラゴにはフローリアン・ムンテアヌが起用されています。また、前作同様、ビアンカ役のテッサ・トンプソン、養母役のフェリシア・アシャッドらが顔を揃えています。

監督は前作監督のライアン・クーグラーから、今作は次世代の若き才能に託すべきだと考えたスタローンによって大抜擢された新鋭スティーブン・ケープル・Jr.にバトンタッチされています。

映画『クリード 炎の宿敵』の日本公開は2019年1月11日(金)。全米公開は2018年11月21日

以下は以前に公開された映像

日本版予告編映像


特別映像「Sin of Our Fathers」


特別映像「A New Direction」


US版予告編映像(日本語字幕付き)


日本版特報映像


トレーラー映像
●『クリード 炎の宿敵』
2019年1月11日(金)全国ロードショー

出演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン(『ブラックパンサー』)
監督:スティーブン・ケープル・Jr.
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://www.creedmovie.jp
(c)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.