HOME > ニュース >

プレフューズ73の新プロジェクトReto A Ichi始動 デビューアルバムから4曲試聴可

2018/10/28 08:05掲載
Reto A Ichi / The Lapse Of The Exchange / Alone Moving Often
Reto A Ichi / The Lapse Of The Exchange / Alone Moving Often
プレフューズ73(Prefuse 73)ことギレルモ・スコット・ヘレンの新たなプロジェクト、レト・ア・イチ(Reto A Ichi)が始動。デビュー・アルバムは『The Lapse Of The Exchange』『Alone Moving Often』の2部構成。海外で11月2日発売。日本語解説付国内仕様盤は11月21日発売。リリース元は!K7 RECORDS。この作品から「No Juntos」「It's Her Birthday」「Criminality」「So Contra」の計4曲が聴けます









以下インフォメーションより

このプロジェクトには、ポピュリズム溢れるマンハッタンにあるチャイナタウンから聞こえる生活音であり、あるいは自信を喪失したり、それでも希望を持ったりするアーティストの内面と、眠らない都市の喧騒、海の外で起きている戦争の情景など、周囲で起きることの間で生まれる緊張感がそのサウンドに強く反映。「The Lapse Of The Exchange」のハイライトとも言えるシンセ・リフが幻想的なCD1-6 “A Sword In The Rain”、ループするキーボード・サウンドが印象的なCD1-3 “Let the Pianos Freeze”、メランコリックなピアノの調べから一転、後半はダウナー気味なメロディーに展開するCD1-12 “Broad Plant Pt.2”、空気中の( 良悪) 様々な物質を音で捉えたかのような抽象度の高いCD2-7 “Everything in the Air”、耽美なメロディー・ラインがリフレインしてグルーヴを紡ぎ、ファースト~セカンドの頃のプロダクションにもリーチするボトムも垣間見せるCD2-10 “Noise Counter Melody”、ノンビートのアンビエントな趣きのCD2-12 “Ghost Arpeggio”、重いストロークの鍵盤がトリッピーな印象を受ける第2 部「Alone Moving Often」のタイトル曲CD2-9 “Alone Moving Often”、さらに“Mountainside Hillside” のようなドローン作品などなど、2 枚組全28 曲。
■『The Lapse Of The Exchange / Alone Moving Often』

●『The Lapse Of The Exchange - CD1』

01: These Times Are Closing (Intro)
02: Gambling in the Snow
03: Let the Pianos Freeze
04: No Juntos
05: It's Her Birthday
06: A Sword in the Rain
07: Zato Lullaby Pt.2
08: All Regrets
09: The Leaning Tower of Our Leaders
10: Tuesday Always Awful
11: Percussions, Hearts and Airs
12: Broad Plant Pt.2
13: These Times Are Closing (Outro)
14: Not Enough Gravity (Reprise)

●『Alone Moving Often - CD2』

01: Criminality
02: The World According to West 50th Pt.1
03: So Contra
04: Pforever Reto
05: The World According to West 50th Pt.2
06: Duration Meditation
07: Everything in the Air
08: Magazine PM
09: Alone Moving Often
10: Noise Counter Melody
11: Mountainside Hillside
12: Ghost Arpeggio