HOME > ニュース >

ナイン・インチ・ネイルズ 「And All That Could Have Been」をライヴ初演奏&9年ぶりに「Sin」をライヴ演奏

2018/10/28 07:47掲載
Nine Inch Nails
Nine Inch Nails
ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)が最新ライヴ(10月26日 米イリノイ州シカゴ)で「And All That Could Have Been」をライヴ初演奏。この曲は2002年のライヴ・アルバム『And All That Could Have Been』のデラックスエディションに付属されたスタジオ・アルバム『Still』に収録。またこのライヴでは9年ぶりに「Sin」をライヴ演奏。海外のセットリストサイトsetlist.fmによれば、この曲のライヴ演奏は2009年9月8日のロサンゼルス公演以来。いずれもファン撮影の映像あり。

●「And All That Could Have Been」






●「Sin」