HOME > ニュース >

トム・ヨーク音楽担当 『サスペリア』リメイク版から新たな本編クリップ映像公開

2018/10/27 08:00掲載(Last Update:2018/10/29 21:06)
サスペリア [2018] (c)Courtesy of Amazon Studios
サスペリア [2018] (c)Courtesy of Amazon Studios
レディオヘッド(Radiohead)トム・ヨーク(Thom Yorke)が音楽を担当する、ホラー・クラシック『サスペリア』のリメイク版映画『サスペリア(Suspiria)』。本編クリップ映像「We'll Have to Build You Up」が公開



鬼才ダリオ・アルジェントの傑作ホラー『サスペリア』(1977年)をリメイクしたのは、『君の名前で僕を呼んで』『胸騒ぎのシチリア』『ミラノ、愛に生きる』で知られるルカ・グァダニーノ監督。脚本は『胸騒ぎのシチリア』で一緒に仕事をしたデヴィッド・カイガニック。出演はダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、クロエ・グレース・モレッツ、ミア・ゴスほか。

リメイク版映画『Suspiria』の全米公開日は11月2日。日本では2019年1月より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

『Suspiria』のサウンドトラック・アルバムは海外、日本で10月26日に発売。日本では数量限定でオリジナルTシャツ付きセット版も発売されます。リリース元は海外はXL Recordings、日本はBEAT RECORDS。

アルバムはトムが書いた全25曲を収録。本作には、インストゥルメンタル曲のみならず、「Unmade」「Has Ended」「Suspirium」といったトム・ヨークのヴォーカルがフィーチャーされた楽曲も含まれます。

プロデュースとレコーディングはトムとサム・ペッツ・デイヴィスが担当。レコーディングにはロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊や、フルート奏者、パーシャ・マンスロブ(Pasha Mansurov)が参加。またトムの息子ノア・ヨークが2曲(「Has Ended」「Volk」)でドラムを演奏しています。

以下は以前に公開された映像・音源

本編クリップ映像「Take Olga To Her Room」


サウンドトラック・アルバム




サントラから「Unmade」


本編クリップ映像「Susie's First Dance」


サントラから「Open Again」


トレーラー映像(英国版)


サントラから「Volk」


サントラから「Has Ended」


サントラから「Suspirium」


本編クリップ映像


トレーラー映像


トレーラー映像
●『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』

Disc 1:
01 A Storm That Took Everything
02 The Hooks
03 Suspirium
04 Belongings Thrown In A River
05 Has Ended
06 Klemperer Walks
07 Open Again
08 Sabbath Incantation
09 The Inevitable Pull
10 Olga’s Destruction (Volk tape)
11 The Conjuring of Anke
12 A Light Green
13 Unmade
14 The Jumps

Disc 2:
01 Volk
02 The Universe is Indifferent
03 The Balance of Things
04 A Soft Hand Across Your Face
05 Suspirium Finale
06 A Choir of One
07 Synthesizer Speaks
08 The Room of Compartments
09 An Audition
10 Voiceless Terror
11 The Epilogue