HOME > ニュース >

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル 新曲「Sangria」公開、映画『Climax』提供曲

2018/09/15 04:33掲載
Thomas Bangalter - Daft Punk
Thomas Bangalter - Daft Punk
ダフト・パンク(Daft Punk)のメンバー、トーマ・バンガルテル(Thomas Bangalter)が新曲「Sangria」を公開。Spotifyで聴けます。この曲はギャスパー・ノエ監督の最新映画『Climax』のサウンドトラックに提供したもの。



サウンドトラック・アルバムにはこのほか、トーマが以前にリリースした楽曲「What to Do?」や、エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)、ゲイリー・ニューマン、ソフト・セルなどの楽曲も収録されています。

サウンドトラック・アルバムはデジタル/ストリーミング版が9月14日、CD版が9月28日、アナログレコード版が10月5日に発売(CD版、レコード版は海外)。リリース元は Milan Records。

アルバムはSpotifyで一部聴けます



映画『Climax』は、1990年代半ば、森の奥にある閉鎖された元・寄宿学校に20人の若者ダンサーが集まり、3日間に渡って踊りのリハーサルを行う。最後に行われた打ち上げパーティで飲んだ酒に何者かがドラッグを混ぜたらしく、合宿の場はカオスと化し、彼らは天国と地獄を味わうことになる…というストーリー。フランスの映画館で9月19日より上映されます。

以下は映画のトレーラー映像

●『Climax (Original Motion Picture Soundtrack)』

01 Cerrone: “Supernature (Instrumental Climax Edit)”
02 Patrick Hernandez: “Born to Be Alive (Instrumental New Version)”
03 M/A/R/R/S: “Pump up the Volume (USA Radio Edit)”
04 Dopplereffekt: “Superior Race”
05 Chris Carter: “Solidit (Climax Edit)”
06 Dopplereffekt: “Technic 1200”
07 Kiddy Smile: “Dickmatized”
08 Thomas Bangalter: “What to Do?”
09 Thomas Bangalter: “Sangria”
10 Neon: “Voices”
11 Suburban Knights: “The World’s”
12 Aphex Twin: “Windowlicker”
13 Wild Planet: “Electron”
14 Soft Cell: “Tainted Love/Where Did Our Love Go (Extended)”
15 Giorgio Moroder: “Utopia - Me Giorgio”
16 Thibaut Barbillon: “Angie (Instrumental Cover)”
17 CoH Plays Cosey: “Mad”
18 Gary Numan: “Trois Gymnopedies (First Movement)”