HOME > ニュース >

ブライアン・イーノのボックスセット『Music For Installations』が5月発売

2018/03/14 01:24掲載(Last Update:2018/04/14 05:55)
Brian Eno / Music For Installations [Super Deluxe Edition]
Brian Eno / Music For Installations [Super Deluxe Edition]
ブライアン・イーノ(Brian Eno)がインスタレーション用に録音した新曲やレア&未発表音源を収めたボックスセット『Music For Installations』が海外、日本で5月4日発売。日本盤には2曲のボーナス・トラックを収録。ディスク5『メイキング・スペース』に「パープル・ゾーン」とディスク6『ミュージック・フォー・フューチャー・インスタレーションズ』に「モディファイド・フィッシュズ」をそれぞれ収録されます。リリース元はユニバーサル ミュージック(UMC)。

このボックスセットには、1986年から現在に至るまで、世界中のギャラリーなどで行われた様々なインスタレーションのためにイーノがレコーディングした音源を収録。新曲やレア音源、これまで発表されていない音源で構成されており、これら音源がアナログレコードでリリースされるのはこれが初めてです。

ボックスセットは、CD6枚組スタンダード・エディション、未発表写真や新規エッセイなどを掲載した64ページの特製ブックレット付き限定CD6枚組スーパー・デラックス・エディション(海外のみ)、アナログレコード9枚組エディション(海外のみ)があり。ボックスセットのデザインは、イーノの長年のコラボレーターであるニック・ロバートソンが手がけています。

以下、海外プレスリリース訳(訳:ユニバーサルミュージック)より

“音楽を動的で千変万化するもの、そして絵画を静的なものだと考えるなら、私がしようとしていることは、静的な音楽と動的な絵画を制作することだ。私はそのふたつの形で音楽の従来のコンセプトと絵画の従来のコンセプトの間に存在するスペースを見つけようとしているのだ”
ブライアン・イーノ

ミュージシャン、プロデューサー、ヴィジュアル・アーティスト、思想家そして活動家であるブライアン・イーノは、1970年代初頭、まずはロキシー・ミュージックのオリジナル・メンバーとして世界的に注目された。グループ脱退後からほどなくして、高い評価を受け、影響力をもったソロ・アルバムを相次いで発表。彼の先進的なプロダクションにはデヴィッド・ボウイ、トーキング・ヘッズ、ディーヴォ、ローリー・アンダーソン、コールドプレイらとのアルバムがあり、コラボレーションの長いリストにはジョン・ケイル、デヴィッド・バーン、グレイス・ジョーンズ、ジェイムス・ブレイクとの作品が含まれる。

同じように注目に値すべきものであり、しかもおそらくさらなる功績を残しているにも関わらずあまり論じられていないのが、彼のライトとヴィデオを使った視覚的実験である。これが彼の他の多くの作品を育んできた豊かな土壌であり、レコーディングよりもさらに長い期間に渡って行なわれ、ここ数十年間彼の音楽作品と同時に存在してきた。

その高評価を得た作品は、ヴェネツィア・ビエンナーレやサンクトペテルブルクの大理石宮殿から北京の日壇公園やシドニー・オペラ・ハウスの帆型の屋根まで舞台にし、世界各地でその姿を見せてきた。

『ミュージック・フォー・インスタレーションズ』は、新しい曲、珍しい曲、未発表曲のコレクションであり、いずれの曲もアナログ・レコード化されるのは今回が初めて。どの作品も、イーノによって1986年から現在(そして今後)に至るまでに行なわれたインスタレーションで用いるためレコーディングされた。この期間に、彼は世界中でジェネラティヴ・ミュージックの第一人者として注目されるようになり、最高のオーディオ・ヴィジュアル・インスタレーション・アーティストのひとりとして認められている。

ブライアン・イーノと長年コラボレーションしてきたニック・ロバートソンがデザインした素晴らしい装丁のパッケージに入っているのは、エキシヴィションでの珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説が入った64ページのブックレットだ。

<各フォーマット詳細>

●6枚組CD スタンダード・エディション
UICY-15731/6 : 9,800円+税

ブライアン・イーノと長年コラボレーションしてきたニック・ロバートソンがデザインした素晴らしい装丁のパッケージにはエキシヴィションでの珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説が入った64ページのブックレットを収容。
6枚のCDがダイカット内袋に収容されたボックス仕様
 - 6枚のCDには半分が未発売、残りも限られた形のみ発売の音源が収録
 - 64ページのブックレットには珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説を収容
ボックスのデザインはニック・ロバートソンが担当
マット・コルトン(ロンドン/アルケミー・スタジオ)によるマスタリング(『メイキング・スペース』のみケヴィン・メトカルフェ(サウンドマスターズ)が担当

<日本盤特典>
英文解説の翻訳付
SHM-CD仕様

●6枚組CD スーパー・デラックス
輸入盤のみ

ブライアン・イーノと長年コラボレーションしてきたニック・ロバートソンがデザインした素晴らしい装丁の、限定盤でナンバーリングされたスーパー・デラックス・パッケージにはエキシヴィションでの珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説が入った64ページのブックレットを収容。
ナンバーリング入、完全限定仕様スーパー・デラックス・エディション
12 x 10インチ(約30センチ x 25センチ)のボックス仕様
 - 6枚のCDには半分が未発売、残りも限られた形のみ発売の音源が収録
 - 64ページのブックレットには珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説を収容
ボックスのデザインはニック・ロバートソンが担当
マット・コルトン(ロンドン/アルケミー・スタジオ)によるマスタリング(『メイキング・スペース』のみケヴィン・メトカルフェ(サウンドマスターズ)が担当
ダウンロード・カード付

●9枚組LP スーパー・デラックス・エディション
輸入盤のみ


ブライアン・イーノと長年コラボレーションしてきたニック・ロバートソンがデザインした9枚組LPボックス・セットにはエキシヴィションでの珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説が入った64ページのブックレットを収容。
12 x 12インチ(約30センチ x 30センチ)のボックス仕様
 - 6枚のCDには半分が未発売、残りも限られた形のみ発売の音源が収録
 - 64ページのブックレットには珍しい写真や初公開の写真に加え、イーノ書き下ろしの解説を収容
ニック・ロバートソンによってデザインされたダイカット内袋に9枚のLPを収容
収録音源は半分が未発売、残りも限られた形のみ発売の音源が収録
マット・コルトン(ロンドン/アルケミー・スタジオ)によるマスタリングおよびカッティング
LPとしては初発売、完全限定盤。

https://www.universal-music.co.jp/brian-eno/news/2018-03-14/
●『Music For Installations』

☆ディスク1
『ミュージック・フロム・インスタレーションズ』 (未発売)
Music From Installations

01: 「カザフスタン(Kazakhstan)」
2017年、カザフスタンで開催されたアスタナ国際博覧会の英国館にて、アシフ・カーンが企画したインスタレーション『We Are Energy』で初演

02: 「ザ・リタン・ベルズ(The Ritan Bells)」
2005年、ブリティッシュ・カウンシルが企画した『Sound in the City』の一環として中国北京の日壇公園で行われたイーノのインスタレーションで初演

03: 「ファイヴ・ライト・ペインティングス(Five Light Paintings)」
1985年、イタリア・ベニスのギャラリー・キャバリーノにて行なわれたイーノのインスタレーション『Pictures Of Venice』で初演

04: 「フラワー・ベルズ(Flower Bells)」
2017年、イタリア・バーリのカステッロ・スヴェヴォで行われたイーノのインスタレーション『Light Music』で初演

☆ディスク2
『77 ミリオン・ペインティングス』(未発売)
77 Million Paintings

01: 「77 ミリオン・ペインティングス(77 Million Paintings)」
2006年、東京のラフォーレミュージアム原宿にて初日を迎えた『77 Million Paintings』で初演

☆ディスク3
『ライトネス – ミュージック・フォー・ザ・マーブル・パレス』
(限定盤CDとしてイーノ・オンライン・ストアのみで過去に販売)
Lightness – Music For The Marble Palace

01: 「アトモスフェリック・ライトネスア (Atmospheric Lightness)」
02: 「チェンバー・ライトネス(Chamber Lightness)」
1977年、ロシア・サンクトペテルブルクのロシア美術館にて行なわれたイーノのインスタレーション『Lightness in the Marble Palace』で初演

☆ディスク4
『I ドルミエンティ / カイト・ストーリーズ』
(それぞれ限定盤CDとしてイーノ・オンライン・ストアのみで過去に販売)
I Dormienti / Kite Stories』

01: 「I ドルミエンティ (I Dormienti)」
1999年、ロンドンにあるラウンドハウスのアンダークロフトにて行なわれたイタリア人彫刻家、ミンモ・パラディーノとのこの名を冠したインスタレーションで初演

02: 「カイツ I (Kite I)」
03: 「カイツ II (Kite II)」
04: 「カイツ III (Kite III)」
1999年、フィンランドのヘルシンキ現代美術館で開催されたブライアン・イーノのインスタレーションで初演

☆ディスク5
『メイキング・スペース』
(限定盤CDとしてイーノのインスタレーション会場及びルーメンのウェブサイトのみで過去に販売)
Making Space
01: 「ニードル・クリック(Needle Click)」
02: 「ライト・レッグス (Light Legs)」
03: 「フローラ・アンド・ファウナ/グリーゼ581d (Flora and Fauna /Gleise 581d)」
04: 「ニュー・ムーンズ (New Moon)」
05: 「バナジウム (Vanadium)」
06: 「オール・ザ・スターズ・ワー・アウト (All The Stars Were Out)」
07: 「ホープフル・ティミアン・インテーセクト(Hopeful Timean Intersect)」
08: 「ワールド・ウィズアウト・ウインド (World Without Wind)」
09: 「デライトフル・ユニバース (Delightful Universe (seen from above) 」
10. 「パープル・ゾーン(Purple Zone)」※日本盤ボーナストラック

自らのインスタレーション会場での限定販売用にイーノが作ったコンピレーション。2010年のブライトン・フェスティヴァルのゲスト・アーティスティック・ディレクターだった時に発売開始

☆ディスク6
『ミュージック・フォー・フューチャー・インスタレーションズ』(未発売)
Music For Future Installations

01: 「アンノーティス・プラネット(Unnoticed Planet)」
02: 「フウ属 (Liquidambar)」
03: 「サワー・イブニング(コンプレックス・ヘヴン3)(Sour Evening (Complex Heaven 3)) 」
04: 「スルバハール・スリーピング・ミュージック(Surbahar Sleeping Music)」
05: 「モディファイド・フィッシュズ (Modified Fishes (No Wah))」※日本盤ボーナストラック