HOME > ニュース >

実写映画版『いぬやしき』 予告編映像が公開

2018/02/14 05:27掲載
いぬやしき  (c)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (c)奥浩哉/講談社
いぬやしき  (c)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (c)奥浩哉/講談社
奥浩哉の同名マンガを実写化した映画『いぬやしき』。予告編映像が公開。

『いぬやしき』は、『GANTZ(ガンツ)」で知られる奥浩哉が漫画雑誌『イブニング』(講談社)にて2014年〜2017年に連載した人気マンガ。2017年にはTVアニメ化されています。実写映画版の監督は『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。

宇宙人の手によって機械の身体となった初老の男性と高校生の活躍や苦悩、救済される人々や殺害される人々を描いた本作。実写映画版では、謎の事故に巻き込まれ、目を覚ますとサイボーグになっていた定年間際のサラリーマン犬屋敷を木梨憲武が、犬屋敷と同じく未知の機械の体を手に入れ、悪事に手を染める高校生の獅子神皓を佐藤健が演じています。映画には本郷奏多、二階堂ふみ、三吉彩花、濱田マリ、斉藤由貴、伊勢谷友介らも出演します。

また、MAN WITH A MISSIONが本作のために書き下ろした「Take Me Under」が主題歌に決定しています。

映画『いぬやしき』は2018年4月20日全国ロードショー。

●映画『いぬやしき』
2018年4月20日全国東宝系にてロードショー

<スタッフ>
原作:奥浩哉 (講談社「イブニング」所載)
監督:佐藤信介

<キャスト>
犬屋敷壱郎:木梨憲武
獅子神皓:佐藤健
安堂直行:本郷奏多
渡辺しおん:二階堂ふみ
犬屋敷麻理:三吉彩花
犬屋敷剛史:福崎那由他
犬屋敷万理江:濱田マリ
獅子神優子:斉藤由貴
萩原刑事:伊勢谷友介

(c)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (c)奥浩哉/講談社