HOME > ニュース >

キング・クリムゾン、97年B.ブラッフォード&P.マステロットン音源×98年ロバート・フリップ音源の新トラックをリリース

2017/10/01 03:35掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
King Crimson / Pat Bill And Robert
King Crimson / Pat Bill And Robert
キング・クリムゾン(King Crimson)のサイトDGM Liveが、録音時代の異なる2つの音源ソースをもとにクリムゾンの新トラックをリリース。音源ソースとなったのは、1997年5月のナッシュビル・セッションからビル・ブラッフォード(Bill Bruford)パット・マステロット(Pat Mastelotto)によるドラム&パーカッション音源、そして1998年4月にProjeKct Twoとして録音したロバート・フリップ(Robert Fripp)のギター音源。この2つをミックスさせた新トラックは「Pat Bill And Robert」というタイトルで有料ダウンロード配信(MP3、FLAC)されています。

●DGM Live内 「Pat Bill And Robert」ページ
※一部試聴可
https://www.dgmlive.com/tour-dates/2068