HOME > ニュース >

マーカス・キング 新曲「Blood On The Tracks」公開

2022/07/15 21:34掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
Marcus King
Marcus King
ギタリストのマーカス・キング(Marcus King)は新曲「Blood On The Tracks」公開。オフィシャル・パフォーマンス映像も公開しています。この曲は新ソロ・アルバム『Young Blood』に収録





アルバムは海外で8月26日発売。新たに契約を交わしたリック・ルービンのAmerican Records/Republic Recordsからリリースされる最初のアルバムです。

ソロ・アルバムのリリースは2020年の『El Dorado』以来。通算2作目。

前作に引き続いて、ザ・ブラック・キーズ(The Black Keys)ダン・オーバック(Dan Auerbach)がプロデュースしています。レコーディングも前作と同じくナッシュビルにあるオーバックのイージー・アイ・スタジオで行われています。

前作や、自身が率いるマーカス・キング・バンド(Marcus King Band)の作品とは異なり、今作はベーシストでオーバックの長年のコラボレーターであるニック・モブション(Nick Movshon)と、『El Dorado』でパーカッションを担当したドラマーのクリス・セント・イレール( Chris St. Hilare)によるトリオ・レコードです。

キングは「アルバム制作中は、依存症、別れ、そして別れによる依存症など、いろいろなことがあったんだ。何事にも甘えすぎていた。俺の友達には大した秘密じゃないけど、しばらくは本当に荒れていたんだ。家族の死を処理しようとして、間違った薬を飲んでいたんだよ」と話し、その苦しみと経験から生まれたのが『Young Blood』でした。

以下は以前に公開された音源・映像

「Lie Lie Lie」


「Lie Lie Lie」のパフォーマンス映像


「Hard Working Man」のミュージックビデオ


「Rescue Me」
■『Young Blood』

It’s Too Late
Lie Lie Lie
Rescue Me
Pain
Good and Gone
Blood On The Tracks
Hard Working Man
Aim High
Dark Cloud
Whisper
Blues Worse Than I Ever Had