HOME > ニュース >

上空2万フィートを飛行中のジェット機のパイロットが何かを発見 ジーン・シモンズを称えるトリビュート・バルーンだった

2022/05/02 19:05掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
Gene Simmons Tribute Balloon
Gene Simmons Tribute Balloon
ブラジルの上空2万フィート(約6000メートル)を飛行中のジェット機のパイロットが何かを発見。キッス(KISS)ジーン・シモンズ(Gene Simmons)を称えるトリビュート・バルーンだった。映像が公開されています。シモンズもこの映像に反応。SNSでこの動画を共有し「このビデオをぜひ見てほしい。上空2万フィートのジェット機のコックピットからのものだ。彼らが見ているものが信じられないだろう」とツイートしています。

パイロットで、YouTubeの「The Layover」の共同ホストを務め、9-Line Mediaを経営するスコット・ベイトマンは、このバルーンについて「これはブラジルや南米で定期的に見られるトリビュート・バルーンです。飛行機を危険にさらすので、私たちパイロットは注意深く警戒する必要があります。最近、サンパウロ上空で飛行しているときに、この風船を避けました」と話しています。

こういったバルーンは航空界に重大なリスクをもたらすと報告されているとのこと。先月、元航空管制官で国家運輸安全委員会航空事故調査官であるBarbara Zimmermannは、Palm Coast Observerに「コックピットからバルーンを見つけるのは非常に難しく、パイロットにとっては、これらの浮遊物を避けることは困難な場合があります。バルーンは航空機のエンジンの中に入り込み、空気の流れを制限し、飛行機のパワーを失わせることがあります」と語っていました。