HOME > ニュース >

オハイオ州立大学マーチング・バンド アメフト試合のハーフタイムショーでヴァン・ヘイレンのトリビュート・パフォーマンス披露

2022/04/17 19:05掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
The Ohio State Athletic Band:
The Ohio State Athletic Band: "A Van Halen Tribute" during the Buckeyes' Spring Game April 16, 2022
オハイオ州立大学マーチング・バンドは、アメリカンフットボールの試合のハーフタイム・ショーでヴァン・ヘイレン(Van Halen)を称えるトリビュート・パフォーマンスを行っています。映像あり。

バンドは「Runnin'With the Devil」「Dreams」「Panama」「Jump」の4曲を演奏し、またフォーメーションには「Van Halen」「Dreams」「Jump」「1984」のほか、エディ・ヴァン・ヘイレンのギター演奏やバンドの象徴である「VH」ロゴ、そしてジャンプする人などもあります。

オハイオ州立大学マーチング・バンドは、全米で最も有名な大学マーチング・バンドの一つで、これまでにも、さまざまなミュージシャンのトリビュート・パフォーマンスを行っています。

今回のパフォーマンスは、4月16日にオハイオ・スタジアムで開催された、オハイオ州立大学のアメリカンフットボールの春季試合のハーフタイム・ショーで行われました。

正確にいうと、今回のパフォーマンスはオハイオ州立大学マーチング・バンドではなく、オハイオ州立大学スプリング・アスレチック・バンドとしてのパフォーマンスです。マーチング・バンドとは異なり、アスレチック・バンドは、すべての金管楽器、木管楽器、打楽器で構成されおり、250人から300人が参加しています。