HOME > ニュース >

フー・ファイターズ デイヴ・グロールのスラッシュ・メタル作品『Dream Widow』全曲公開

2022/03/25 00:14掲載(Last Update:2022/03/25 13:16)
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
Studio 666
Studio 666
フー・ファイターズ(Foo Fighters)デイヴ・グロール(Dave Grohl)が制作していたスラッシュ・メタル作品がついにリリース。バンドが主演するホラー・コメディ映画『Studio 666』に登場する架空のメタルバンド、Dream Widowとして録音したメタルEP『Dream Widow』がデジタル/ストリーミングでリリースされています。YouTubeほかで聴けます。







EP『Dream Widow』は3月25日にデジタルでリリースされ、2022年末にフィジカルでもリリースされる予定です。

フー・ファイターズは以前に、スラッシュ・メタル/デスメタル風の新曲「March of the Insane」を公開しました。これは映画『Studio 666』に登場する架空のメタルバンド、Dream Widowの楽曲として公開されたものですが、デイヴ・グロール(Dave Grohl)はその後に、Dream Widowのアルバムも制作していることを明らかにしていました。

映画『Studio 666』では、フー・ファイターズのメンバーが、古びた屋敷で10枚目のアルバムをレコーディングしている最中に、地下室で興味深い発見をします。それは、25年前にこの屋敷で録音されたDream Widowというバンドのテープでした。

デイヴは米ローリングストーン誌のインタビューの中で、「これは失われたアルバムになるだろう。Dream Widowのシンガーがバンド全員を殺してしまう前に、彼ら(Dream Widow)が作っていたアルバムになるんだ」と語っていました。

デイヴは映画の公開日である2月25日にDream Widowのアルバムもリリースする計画でしたが、延期されていました。

このアルバムは、80年代のスラッシュ・メタル・キッズとして育ったデイヴの青春に大きくインスパイアされています。彼はローリングストーン誌でこう述べています。

「お気に入りの曲があるんだ。“Lacrimus dei Ebrius”(映画の中で演奏される13分間のメタルの大作)では、それらの影響をたくさん聴くことができるだろうね。この曲では、4つまたは5つのセクションをまとめて、大きくて長いものにしたんだ。Troubleのようなサウンドもあれば、Corrosion Of Conformityのようなサウンドもあり、Kyussのような雰囲気もあるよ」

以下は以前に公開された映像・音源

Dream Widow「March of the Insane」


トレーラー映像


トレーラー映像


ティーザー映像