HOME > ニュース >

ローリング・ストーンズ、チャーリー・ワッツと今後について語る

2021/09/24 11:46掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
The Rolling Stones
The Rolling Stones
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)は、最新ツアーを前にインタビューに応じ、チャーリー・ワッツ(Charlie Watts)を回想。バンドの今後についても語っています。音楽ジャーナリストのデヴィッド・フリックが行ったこのインタビューは、Variety誌などで公開されています。

ミック・ジャガー(Mick Jagger)はワッツの才能について、友人であり長年のバンドメンバーであった彼がローリング・ストーンズに加わったことで、バンドにさらなる深みが加わったと語りました。

「チャーリーは、ジャズ・タッチという別の感性をもたらした。そして、彼はあまりヘヴィな演奏をしなかった。時々、俺が彼を怒らせれば、彼はそうするだろう。彼を怒らせることでしか、ヘヴィな演奏をさせることはできなかった」

「チャーリーは場所によっては、かなり繊細なシンバルワークができる。そして、俺の(ヴォーカルの)リフに合わせて、観客と一緒に演奏することができるんだ。シンガーであれば、ドラマーとの関係は、ダンスのようなもので、ヴォーカルだけでなく身体的にも行っているアクセントが重要なんだ」

ミックはまた、ワッツとの特別な思い出があるかどうかを聞かれ、次のように答えています。

「チャーリーは、とても静かな男だった。彼が部屋に入ってきて“こうするべきだ!”と言った記憶はない。俺は、彼が座って“Can't You Hear Me Knocking”を演奏したときのことをよく覚えている。彼はこの素晴らしいロック・ビートを確立した後、ラテンジャズに切り替えた。チャーリーの魅力は、いつもそこにいて、いつも美しい演奏をして、どうしたらいいか、どうしたらもっと良くなるかをいつも喜んで話してくれることだった。音楽的にも長い間、バンドを支えていたのは、彼が他のメンバーを支えていたから。一緒に音楽を演奏する以外にも、俺たちはたくさんの素晴らしい時間を過ごしたよ。よくクリケットを見に行ったりしていた。集まったときには音楽の話はしなかった。彼は俺よりも多くのことを知っていた。彼がもたらしたものは、ほとんどのバンドがそうありたいと願っているような、美しいスイングとスウェーヴの感覚だった。俺たちはここ数年、バンドにどのようなことが起こったのかについて、とても良い会話をしてきた。俺たち全員にとって大きな損失だ。とてもとても辛いことだよ。でも、俺たちは素晴らしい時間を過ごし、チャーリーは素晴らしい音楽を作ってくれた」

キース・リチャーズ(Keith Richards)も同じ質問をされました。

「俺は懐かしいことをいくつか書き留めていた。チャーリーは素晴らしいユーモアのセンスを持っていたよ。俺の喜びは、彼を笑わせることだった。笑いのツボを押さえれば、彼はそれを止めようとしないし、それは世界で最も楽しいことだった。彼は素晴らしいユーモアのセンスを持っていたけど、それに火をつけない限り、彼は自分の中にとどめていた。

このバンドで最も重要だったのは、チャーリー・ワッツが俺のベッドだったことだ。そこに寝そべっていれば、ぐっすり眠れるだけでなく、目が覚めてもまだ揺れている。俺が19歳のときから持っているものだった。疑ったことはなかった。考えたこともなかった。今になってようやく考えるようになった。それと同時に、(ドラマーの)スティーヴ・ジョーダンという、それを理解してくれる非常に優秀な男がいることもわかっている。ドラマーがいなければ、どこにも行けないんだ」。

ロニー・ウッド(Ronnie Wood)はこんな思い出を語っています。

「有名な話なんだけど、あるビデオ撮影の時、俺たちは楽屋のトレーラーで親指を立てて座っていた。誰かが彼にこう言った。“チャーリー、30年も経てば、こんな風にぶらぶらしていることが多いだろう”。彼は“ああ、5年働いて、25年はぶらぶらしていた”と言った。この言葉が彼を象徴している。確かに彼は力強い意見を持っていた。でも、彼はそれを演奏で表現したんだ。彼は自分の楽器を通して語ったんだよ」

メンバーはこれが最後のツアーになるのかという質問を受けました。

ミックは「31歳のときからその質問をされてきた」とは言い、「わからないよ。つまり、何が起こってもおかしくないんだ。来年の状況が良くて、みんながツアーに前向きになってくれれば、きっとショーをやるだろうね。今は、このツアーに集中したいんだ」と付け加えています。

他にも、ツアーのリハーサルでのドラマーのスティーヴ・ジョーダンのアプローチについての賞賛や、ツアーではセットリストにサプライズがあるかもしれないこと(ミック「80〜90曲をリハーサルしたよ」)なども語っています