HOME > ニュース >

トム・ペティ音楽担当 映画『彼女は最高』サントラ新装版から「105 Degrees」のリリックビデオ公開

2021/07/03 20:32掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
Tom Petty & The Heartbreakers / Angel Dream (Songs From The Motion Picture
Tom Petty & The Heartbreakers / Angel Dream (Songs From The Motion Picture "Shes The One")
トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ(Tom Petty and The Heartbreakers)が音楽を担当した1996年の映画『彼女は最高(原題:She's the One)』(監督:エドワード・バーンズ)。公開25周年を記念して、サウンドトラック・アルバムが再構成され、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバム『Angel Dream』として新しい内容&ジャケット・カヴァーでリリースされています。新たに「105 Degrees」のリリックビデオが公開されています



アルバムはYouTubeほかで聴けます。







アルバムは海外で7月2日発売。

『Angel Dream』は、近年リリースされている1994年のソロ・アルバム『Wildflowers』に関連する作品の最終章としてリリースされます。

オリジナル・サウンドトラック・アルバムには、『Wildflowers』時代に書かれたものの、同アルバムには収録されなかった曲がいくつか含まれていました。2020年に発売されたデラックス・エディション『Wildflowers & All the Rest』にこれらの曲が含まれているため、今回の『Angel Dream』には収録されません。

その代わりに、この時期に書かれた4曲の未発表音源が収録されています。ペティのオリジナル曲2曲(「105 Degrees」「One of Life's Little Mysteries」)、J.J. ケイル(J.J. Cale)「Thirteen Days」のカヴァー、ペティが作曲したインストゥルメンタル曲「French Disconnection」の計4曲。

さらに、このアルバムには「Supernatural Radio」のエクステンデッド・ヴァージョンが収録されています。

すべての曲はRyan Ulyateによってリミックスされ、Bernie Grundman MasteringのChris Bellmanによってリマスターされています。

また、サウンドトラックとしてではなく、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズのアルバムとしてのリリースであることを強調するために、新しいカヴァーアートが採用されています。
■Angel Dream』

Side 1:
1. Angel Dream (No. 2)
2. Grew Up Fast
3. Change The Locks (Lucinda Williams cover)
4. Zero From Outer Space
5. Asshole (Beck cover)

Side 2:
6. One of Life’s Little Mysteries
7. Walls (No. 3)
8. Thirteen Days (JJ Cale cover)
9. 105 Degrees
10. Climb That Hill
11. Supernatural Radio (extended version)
12. French Disconnection