HOME > ニュース >

ラジオNIKKEI第1『シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー』2月11日放送

2020/02/04 17:34掲載
メールで知らせる   このエントリーをはてなブックマークに追加  
ラジオNIKKEI第1『シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー』(c)ラジオNIKKEI第1
ラジオNIKKEI第1『シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー』(c)ラジオNIKKEI第1
ラジオNIKKEI第1にて2時間番組『シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー』が2月11日(火・祝)に放送決定。出演は鮎川誠(シーナ&ロケッツ)、鳥井賀句(音楽評論家)。シナロケ・カヴァーアルバムへの想い、音楽的ルーツを深掘りします

■『シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー』
2020年2月11日(火・祝)午後1時〜3時(2時間番組)

◇放送メディア:
◎ラジオNIKKEI第1
◎ラジコ(スマホアプリ、PCで聴く/全国無料/タイムフリーで1週間聴取可)
 ラジコタイムフリー(2/11放送開始〜2/18まで聴取可)

パーソナリティ :鮎川 誠 (シーナ&ロケッツ)
ナビゲーター  :鳥井 賀句 (音楽評論家)

・・・・・・・・・・・・・

米国の人気ラジオDJアラン・フリードが「ロックンロール」を冠したタイトルの番組で、自身のお気に入りの黒人ミュージシャンによるR&Bナンバーを「ロックンロール」と呼んでからもうすぐ70年が経とうとしている。ロックンロールはその誕生以来、ラジオとは切っても切れない関係だ。

ラジオNIKKEI第1では、日本を代表する唯一無二のロックンロール・バンド=シーナ&ロケッツの鮎川誠がパーソナリティを、そして音楽評論家の鳥井賀句がナビゲーターを務める2時間の特別番組「シーナ&ロケッツ、鮎川誠のロックンロール・ジャーニー」を2月11日(火・祝)13時からオンエアする。

日本人女性ロックヴォーカリストの草分け的存在シーナが亡くなってちょうど5年となる2020年2月14日、シーナ&ロケッツは通算19枚目にして初の全編カヴァー曲アルバム「LIVE FOR TODAY!」をリリース。このアルバムは、シーナ生前最後のレコーディング音源7トラックを含め、シーナ&ロケッツが常に大切にしてきたロックンロール・ナンバー18トラックで彩られている。ロックンロールをカヴァーすること、これがシナロケにとっていかに重要な意義を持つか、思い入れのある楽曲を一つひとつ紐解いていき、バンドや鮎川自身の音楽的ルーツを深掘りしていく旅〜 そう、まさにこの番組は「ロックンロール・ジャーニー」だ。鮎川自身のレコードコレクションからドーナツ盤(7インチ)を中心にカヴァー原曲を自らターンテーブルにかけながら番組は進行。好きな曲を好きなタイミングで流す自由な空気に包まれたロック対談は必聴。

鮎川誠直筆サイン入りシーナ&ロケッツ ポスター、ステッカー等のリスナープレゼントもご用意。
「ロックンロールって、音楽ってなんて素晴らしいのだろう!]と思わせてくれる魅力的な2時間、お聴き逃しなく。

番組ページ:
http://www.radionikkei.jp/rockandroll/rokkets/