HOME > ニュース >

ジェネシスのトニー・バンクスが新たなオーケストラ・アルバム『5』を2月発売

2017/12/14 19:16掲載
Tony Banks / 5
Tony Banks / 5
ジェネシス(Genesis)での活躍でも知られるキーボード奏者のトニー・バンクス(Tony Banks)が新たなオーケストラ・アルバム『5』を海外で2018年2月2日発売。リリース元はBMG Records。

バンクスの通算10作目のスタジオ・アルバムで、2004年の『Seven: A Suite for Orchestra』、2012年の『Six Pieces for Orchestra』に続く3作目のオーケストラ・アルバム。

バンクスによって書かれた5つの楽曲からなる作品で、長年のコラボレーターであるニック・デイヴィスがプロデュースを手がけています。指揮とオーケストラ編曲はニック・イングマン。本作はロンドンとプラハで数回にわたってレコーディング・セッションが行われ、バンクスはピアノ・パートをすべて演奏しています。
●『5』

1. Prelude to a Million Years
2. Reveille
3. Ebb & Flow
4. Autumn Sonata
5. Renaissance

●公式ショップサイト
https://tonybanks.tmstor.es/