HOME > ニュース >

ドキュメンタリー『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』がNHK総合で放送決定

2017/12/04 11:21掲載(Last Update:2017/12/04 11:22)
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム
ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム
ドキュメンタリー『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』がNHK総合で放送決定。前編が12月6日(水)深夜に、後編が12月8日(金)深夜に放送されます。

■『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』<字幕スーパー>

●「前編」
NHK総合 2017年12月7日(木) 午前1:50〜午前3:44(114分)

●「後編」
NHK総合 2017年12月9日(土) 午前1:55〜午前3:30(95分)

それまで自らを語ることがなかったボブ・ディランが、マーティン・スコセッシ監督の呼びかけに応えて、初期の創作活動を語った。ミュージシャン、詩人らのインタビュー、未公開(当時)のライブ映像などを交え、多角的なアプローチからボブ・ディランの豊かな人間性に迫る音楽ドキュメンタリー。ボブ・ディランの創作活動にスポットを当てながらも、キューバ危機、公民権運動、ベトナム戦争など1960年代のアメリカがボブ・ディランの歌と彼に熱狂した若者たちの視点から浮き彫りになる作品でもある。タイトルの「ノー・ディレクション・ホーム」とは1965年に発表されたボブ・ディランの楽曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」の歌詞の一節。「タクシードライバー」「グッドフェローズ」「ディパーテッド」など数多くの名作で知られるマーティン・スコセッシ監督はザ・バンドなどを題材とした音楽ドキュメンタリーも多く手がけている。映画制作には、アメリカWNET、イギリスBBC、NHKが国際共同制作として参加した。

【監督】マーティン・スコセッシ
【出演】ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ピート・シーガー、ザ・バンド、アル・クーパー、アレン・ギンズバーグ、ピーター・ヤーロー、リアム・クランシー、ジョニー・キャッシュ、ミッチー・ミラー、デーブ・バン・ロンク、ウディー・ガスリー、マリア・マルダー、スージー・ロトロー、ブルース・ラングホーン、ジョン・コーエン、トニー・グローバー、ロビー・ロバートソン、ミッキー・ジェームズ、イジー・ヤング ほか
【翻訳・監修】菅野ヘッケル
【ボブ・ディラン訳詞】中川五郎
〜2005年制作〜

http://www4.nhk.or.jp/P4233/