HOME > ニュース >

ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ『L.A.M.F.』 2017年トリビュート公演のライヴ映像70分公開

2017/12/02 04:20掲載(Last Update:2017/12/02 04:21)
L.A.M.F.: Live at the Bowery Electric
L.A.M.F.: Live at the Bowery Electric
ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズ(Johnny Thunders & The Heartbreakers)が1977年にリリースしたアルバム『L.A.M.F.』。この作品のトリビュート・ライヴが2017年11月29日にニューヨークのBowery Electricで行われています。

出演は、昨年のトリビュート公演にも出演していたジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズのウォルター・ルー(Walter Lure)ブロンディ(Blondie)のクレム・バーク(Clem Burke)、そして今年初参加のソーシャル・ディストーション(Social Distortion)のマイク・ネス(Mike Ness)、セックス・ピストルズ(Sex Pistols)グレン・マトロック(Glen Matlock)、Dジェネレーションのジェシー・マリン。約70分の映像あり。



なおトリビュート・ライヴは2016年11月にニューヨークのBowery Electricでも行われており、その模様を収めたライヴ作品『L.A.M.F.: Live at the Bowery Electric』は海外で12月8日に発売されます。

2016年版の出演は、ジョニー・サンダース&ザ・ハートブレイカーズのウォルター・ルー(Walter Lure)ブロンディ(Blondie)のクレム・バーク、ザ・リプレイスメンツ(The Replacements)トミー・スティンソン(Tommy Stinson)MC5ウェイン・クレイマー(Wayne Kramer)の4人。CD版、アナログレコード版(カラー・ヴァイナル)、DVD版があり。DVDにはボーナスインタビューも収録されます。リリース元はJungle Records。

以下は以前に公開された2016年11月公演の映像

「Chinese Rocks」のライヴ映像


トレーラー映像
●『L.A.M.F.: Live at the Bowery Electric』

1. Born To Lose
2. Baby Talk
3. All By Myself
4. I Wanna Be Loved
5. It's Not Enough
6. Chinese Rocks
7. Get Off The Phone
8. Pirate Love
9. One Track Mind
10. I Love You
11. Goin' Steady
12. Let Go
13. Can't Keep My Eyes On You
14. Do You Love Me.