HOME > ニュース >

メンバー全員が人型ロボットのメタル・バンドCompressorhead デビュー作リリースパーティのライヴ映像を公開

2017/11/29 07:04掲載
Compressorhead
Compressorhead
メンバー全員が人型ロボットのドイツ産ロボット・メタル・バンド、Compressorhead。デビュー・アルバム『Party Machine』のリリースパーティで行ったライヴ・パフォーマンスの映像が公開





Compressorheadはもともと、ギターのFingers、ベースのBones、ドラマーのStickboyのロボット3体からなるバンドでしたが、アルバム制作にあわせ、新たにヴォーカルのMega-Wattson、2ndギターのHellgå Tarr、ハイハット担当のJ. Schmidtというロボット3体が加入しています。

デビュー・アルバム『Party Machine』はデジタルで11月25日発売。100%ロボット・バンドがロックのオリジナル・アルバムをリリースするのはこれが世界初とのこと。

アルバム収録曲は、カナダ人ミュージシャンのジョン・ライト(John Wright/of NoMeansNo & The Hanson Brothers)がソングライティングを担当。Compressorheadのメンバーは基本的に人型ロボットのため、人型を超えるような突飛な演奏はできない設定となっています。収録曲も実際にCompressorheadのメンバーが演奏できる楽曲で構成されています。

アルバムはBandcampやSpotifyで全曲リスニング可





以下は以前に公開された映像

「Compressorhead」のミュージックビデオ


リハーサル・セッション映像
Compressorhead is:

Mega-Wattson - Vocals
Hellgå Tarr - Guitar, Vocals
Fingers - Guitar
Bones - Bass
Stickboy - Drums
J. Schmidt - HiHat, Vocals