HOME > ニュース >

猫と作家の物語 NHK Eテレ『ネコメンタリー 猫も、杓子も。』の「村山由佳ともみじ」編が再放送決定

2017/11/14 16:51掲載
NHK『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「村山由佳ともみじ」』
NHK『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「村山由佳ともみじ」』
もの書く人々のかたわらには、いつも、猫がいた。愛猫をめぐる書下ろし作品を作家に依頼、自由気ままな猫の姿と、彼ら彼女らを愛し同時に翻弄される作家たちの生活を映像化したNHK Eテレ『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。』。10月に放送された「村山由佳ともみじ」編の再放送が決定。11月18日(土) 放送。空前の猫ブームの時代にお贈りする、微笑ほほえましくも愛いとおしい、猫と作家の物語。

●『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。「村山由佳ともみじ」』
初回:NHK Eテレ 2017年10月9日
再放送:NHK Eテレ 11月18日(土) 午後3時45分〜 午後4時10分

大反響の猫と作家の物語、秋の新作二本目。なに故、作家は猫を愛するか?作家・村山由佳が愛猫・もみじとの日々を書き下ろしでつづる。軽井沢を舞台に異色のドキュメント。

高原の軽井沢で、直木賞作家の村山由佳さんと暮らすのは17歳の「もみじ」(雑種♀)。物心つく頃には家に猫がいて、これまでたくさんの猫と生活を共にしてきた村山さんだが、中でも、もみじは特別な存在。二度の離婚を経験し波乱万丈ともいえる私生活と共に作風も大きく変化した村山さん。もみじはその苦楽の全てをそばで見てきたいわば戦友だ。高齢のもみじの最期を意識する日々、かけがえの無い時間の積み重ねをドキュメント。

【出演】村山由佳,【朗読】上野樹里,【語り】和久田麻由子

http://www4.nhk.or.jp/P4383/x/2017-11-18/31/6477/2405216/